最新ニュース

Topic:消息不明のマルドナド師匠、彼は今どこに?

2016.02.25

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 去年までロータスに在籍していたパストール・マルドナド、通称「師匠」は、今どうしているのだろうか。その消息を訊こうと、バルセロナのテスト現場でベネズエラ人ジャーナリストを探したのだが「そんなの、一人も来てないよ」と、南米フォックスTVのアルゼンチン人リポーターに言われてしまった。「パストールが走ってた時だって、年間でせいぜい1戦か2戦、一人だけ来てた感じかな」とのこと。

「え、ベネズエラって、F1は人気ないの?」
「いやいや、そんなことない。うちのF1中継にしたって、ブラジルやメキシコほどじゃないけど、ベネズエラでけっこう視聴率を稼いでるからね」

 もちろんマルドナドも、祖国で大人気だったそうだ。「だった」と過去形で言うのは、F1シートを失ったからばかりではない。彼は故チャベス大統領の全面的財政サポートを受けて、F1まで上り詰めることができた。しかしベネズエラではここ数年、「反チャベス」の大きなうねりが起き、「パストールはいいヤツだけど、チャベスに援助されてるから応援しない」という公言するファンが増えたのだという。


 それでもF1自体の人気は、まだまだ根強いものがあるし、専門雑誌の売れ行きも悪くないという。なのになぜベネズエラ人ジャーナリストはF1に来ないのか。
「来ないんじゃなくて、来れないんだ。ベネズエラは、外貨統制が厳しくてね。確か1回の外国旅行に、最高1000ドルしか持ち出せないはずだよ」

 なるほど、納得である。で、肝心のマルドナドの消息だが……。
「知らないなあ。誰も、聞いてないんじゃないかな。解雇された直後に電話インタビューしたんだけど、それっきりさ」

 ちなみにその時マルドナドは「すごく驚いてる。2016年も走れると、ルノーから確約されてたからね」と、答えてたそうだ。

 しかし、このアルゼンチン人リポーターは「いや、彼はわかってたはず」と断言する。「だってベネズエラ政府からの金が、完全に止まってしまったんだから。今やベネズエラでは、経済危機でガソリン価格が60倍以上に跳ね上がって、F1どころじゃない。パストールはスイスとマイアミに家を所有してるはずだから、おそらくそこで悠々自適に暮らしてるんだろうけどね」

(柴田久仁夫/Text : Kunio Shibata )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ