最新ニュース

バルセロナ合同テスト4日目午前 タイム結果

2016.02.25

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 25日、スペインのカタルニア・サーキットで行われている第1回F1合同テスト4日目最終日は、フェラーリを駆るキミ・ライコネンが午前中のトップタイムをマークした。

 ライコネンは朝のセッションで58周を記録するなか、ピレリのウルトラソフトタイヤで1分23秒477というベストタイムをマークした。ただし、2日目に同じウルトラソフトを履いたベッテルの1分22秒台からはコンマ6秒の遅れとなっている。

 2番手はソフトタイヤで1分25秒台をマークしたルノーのケビン・マグヌッセンで、以下ミディアムタイヤのマックス・フェルスタッペンとダニール・クビアトが3番手と4番手。ソフトタイヤのフェリペ・ナッセを挟み、99周を走ったルイス・ハミルトンが6番手につけている。

 この日、ハミルトンがドライブしたメルセデスW07には“革新的”な新型ノーズがお目見え。チームが“ブルース”と名付けた新しいノーズにはSダクトが設けられているほか、ウイングステーの位置も変更。また、サスペンションマウントの位置からもノーズ自体が若干高められている。

 一方、前日トラブルに見舞われたマクラーレン・ホンダはこの日も冷却水漏れなどでセッションの大半を修復作業に費やし、周回数は開始早々に記録した3周だけ。タイムは記録できていない。

(オートスポーツweb)


バルセロナ合同テスト4日目午前 タイム結果

Pos Driver Machine Time Lap
1 K.ライコネン フェラーリSF16-H 1'23''477 58
2 K.マグヌッセン ルノーR.S.16 1'25''263 67
3 M.フェルスタッペン トロロッソSTR11 1'25''393 75
4 D.クビアト レッドブルRB12 1'25''900 57
5 F.ナッセ ザウバーC34 1'26''053 50
6 L.ハミルトン メルセデスW07 1'26''295 99
7 A.セリス FインディアVJM09 1'26''875 36
8 R.ハリアント マノーMRT05 1'28''266 43
9 F.マッサ ウイリアムズFW38 1'28''684 33
10 E.グティエレス ハースVF-16 1'29''088 26
11 F.アロンソ マクラーレンMP4-31 No time 3

→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ