最新ニュース

アロンソ「走れず落胆。来週は正念場に」

2016.02.26

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 スペイン バルセロナでの2016年プレシーズンテスト4日目最終日、フェルナンド・アロンソがマクラーレン・ホンダMP4-31のテストに臨んだが、トラブルのためタイムを記録することができなかった。

 ジェンソン・バトンが走行した前日、午後の早い段階でハイドロ系リークのトラブルが発生、チームは走行を切り上げた。夜の間に調査した結果、パワーユニットのベースにわずかな漏れがあったことを確認し問題の原因を特定、大事をとって最終日の走行に先立ちエンジン交換を行った。

 しかし25日、3周のインスタレーションラップの後、テレメトリーデータにおいて前日のトラブルとは無関係の小さな冷却液漏れが確認されたため、マシンのチェックを行うことになった。調査の結果、修理にはほぼ午後いっぱいかかることが判明、チームは問題を徹底的に調査し修復するためにこの日の走行を中止することを決めた。

 アロンソは落胆しながらも、トラブルは深刻なものではなかったという明るい面に目を向けている。
「今回のテストの前半2日間はとてもうまくいっていたのに、今日は残念な一日になった。マシンに問題が発生し、走行時間のほとんどを失ってしまったんだ。それでも大きなトラブルではなく来週のテストまでには修復できるというのはいいニュースだ」

「今回のテストで大量の周回数を走ることができた。それによってたくさんのデータが集まったので、これを分析し学ぶことができる。週末の間に来週のテストに向けて万全の態勢を整えるべく努力する。来週は走行時間を最大限に活用することを目指す」

 次回テストは3月1日から、今回と同じバルセロナで4日間にわたって行われる。これが開幕戦前の最後のテストとなる。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ