最新ニュース

ルノーが挽回。マグヌッセン、最多周回走行

2016.02.26

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 スペイン バルセロナでの2016年プレシーズンテスト4日目最終日、ケビン・マグヌッセンがルノー・スポールF1でR.S.16のテストを続けた。

 25日の天候は晴れでドライコンディション。マグヌッセンはこの日ひとりのドライバーとしては最多の153周を走破(メルセデス勢はふたりで185周)、ソフトタイヤでマークした1分25秒263のタイムで12人中4番手となった。

「この2日間で260周を走り切っていいトレーニングができたよ!」とマグヌッセン。

「F1マシンに戻って来ることができて本当に嬉しい。プログラムに従って作業をし、大きく前進することができた。レースシミュレーションはうまくいったし、チームに溶け込むことができた。ここで走れるのは大きな喜びだ。来週火曜に戻って来るのが待ちきれない思いだよ」

 ルノーはテスト前半はトラブルに見舞われて初日37周、2日目42周しか走行できず、担当したジョリオン・パーマーが、テスト後半にしっかり周回数を稼げなければルノーは出遅れることになると懸念を示していた。しかしチームは後半2日間は111周と153周を走って挽回してみせた。

 4日間のテストを振り返り、レーシングディレクターのフレデリック・バスールは、「この2日間でたくさんの距離を積み重ねることができたので、いいベースラインができた。まだやるべきことは多いが、堅実な形でシーズンをスタートすることができた」と語っている。

 次回テストは3月1日から、今回と同じバルセロナで4日間にわたって行われる。これが開幕戦前の最後のテストとなる。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ