最新ニュース

ザウバー、旧車でのテストは「有益だった」と強調

2016.02.28

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ザウバーのテクニカル・ディレクターを務めるマーク・スミスは、2016年仕様の新車投入を2回目のテストまで延期したことは「痛手ではない」と言う。

 スイスを本拠地とするチームはカレンダー変更で準備が遅れ、4日間にわたる初回のテストでは2015年仕様のマシンを走らせた。新車C35は、バルセロナで2度目のテストが始まる3月1日に発表となる。

 スミスは「それほどの痛手にはなっていない。スケジュールの変更などが何もなければ、どちらのテストにも新車で挑んだだろうが、そうではなかった。そのことに気を揉んで労力を無駄にするよりも、2016年シーズンと関連する部分がある旧車から可能な限り多くのデータを取り出すことに決めたんだ。テストの半分を新車できちんと走れれば問題はない」と英国オートスポーツに対して、語った。

 フェリペ・ナッセとマーカス・エリクソンが、のべ432周をこなした旧車での走行は、とくにタイヤデータ収集の面で有益だったという。

「新車で参加できれば理想的だったが、スケジュールの関係で不可能だった。しかし最近ではテストも制限されており、新車でプレシーズンテストに挑むとなると、たくさんの『やっておきたいこと』という仕事に阻まれながら作業をすることになる。多くはタイヤに関する事柄だが、それを試すチャンスになかなか恵まれない。(旧車でのテストは)2016年にも適用可能な有益なデータ収集ができると考えているので、確かな価値がある」と、新車投入の遅れが不利ではないことを強調した。

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ