最新ニュース

サイズゼロに「誤解」。ホンダに難題は課してないとマクラーレン

2016.02.29

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 マクラーレンは“サイズゼロ”のコンセプトを採用するにあたり、ホンダに難しい条件を突きつけ、そのためにホンダが苦労したのではないかという推測を、レーシングディレクターのエリック・ブーリエが否定した。

 2015年、パワーユニットをメルセデスからホンダにスイッチしたマクラーレンは、“サイズゼロ”というリヤを非常にタイトにする、アグレッシブなコンセプトを選んだ。新パワーユニットの規則の下でF1に新たに参入したホンダが多数の信頼性のトラブルに見舞われた理由のひとつは、このコンセプトへの対応が非常に難しかったことだと考えられている。

 しかしブーリエはマクラーレンが難題を突き付けたためにホンダが苦労したという認識は誤解であると主張した。今年もマクラーレン・ホンダは“サイズゼロ”コンセプトこそが王者メルセデスに追いつく道であると信じ、これを継続している。

「サイズゼロ・コンセプトには大きな誤解があると思う。その誤解を解こうと思っている」とブーリエが述べたとF1iが伝えた。
「オーバーヒートの問題はない。今まで起こっていない。それから、サイズゼロ・コンセプトは、空力担当者に対し、ダウンフォースを考案し生み出すための余地をできるだけ多く与えるためのものだ」
「ホンダに対しては何ひとつ強要していない。一度もだ。彼らは彼らのやりたいことをやっている。こんな(大きな)エンジンにするというのなら、我々はそれをサイズゼロの中に組み入れなければならない。そうなればもはやサイズゼロではないだろうが」

「制約は一切ない。我々はこのコンセプトに満足し、これを信じている。これを維持していけば、他よりも早くトップに追いつくための武器になるだろう」


 新たにホンダF1プロジェクト総責任者を務めることになった長谷川祐介氏もマクラーレンからサイズに関して強要されたことはないと述べた。
「マクラーレンからエンジンをコンパクトにするよう強要されたことはありません」と長谷川氏が語ったとF1iが伝えている。

「去年冷却の問題がありましたが、それは経験不足によるものです。冷却のためにどれだけのサイズが必要なのか分かっていませんでした。今年はそこを修正しました」

 マクラーレン・ホンダは今年最初の合同テスト後半でトラブルが相次ぎ、十分な走行ができず、4日間合計257周と11チーム中10位の距離にとどまった。シーズン前最後のテストが3月1日にスタートするが、それに先立ちプロモーション用の名目で行った走行は順調に運んだと報道されている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ