最新ニュース

ザウバー、2016年型『C35』を正式発表

2016.02.29

photo

©Sauber

フォトギャラリー


photo

©Sauber

フォトギャラリー


photo

©Sauber

フォトギャラリー


photo

©Sauber

フォトギャラリー


photo

©Sauber

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 ザウバーF1チームは29日、2016年のF1世界選手権に投入する新しいF1マシン『C35』を正式に発表した。

 今年もフェリペ・ナッセとマーカス・エリクソンを起用するザウバーは、引き続きブルーとイエローに彩られたマシンにフェラーリ製のパワーユニットを搭載して新たなシーズンに挑む。

 昨年はシーズン序盤にポイントを獲得し、ノーポイントに終わった2014年の低迷から大きく挽回を果たすかに思われたが、慢性的な財政難に苦しむスイスチームは徐々に失速。結局、コンストラクターズ選手権では7位のトロロッソに31ポイント差をつけられ8位に終わった。

 今年は同じフェラーリ製パワーユニットを搭載する新規チームのハースも中団争いに加わることが予想されており、ザウバーとしては熾烈を極める中団グループで確固たるポジションを築きたいと考えている。
「当然、進歩したいと考えていますし、成し遂げたい順位もあります」と、チームプリンシパルのモニシャ・カルテンボーンは語っている。
「しかし、まず第一に中団争いに定着することが重要なのです」

 チームは、2016年カレンダーの変更で新車のデビューが遅れ、初回テストは2015年のマシンを使用することとなった。
 しかし、昨年途中からテクニカルディレクターを務めるマーク・スミスは「それほどの痛手にはなっていない」と述べ、残り4日となったテストでの新車開発に自信をみせている。

「スケジュールの変更などが何もなければ、どちらのテストにも新車で挑んだだろうが、そうではなかった。そのことに気を揉んで労力を無駄にするよりも、2016年シーズンと関連する部分がある旧車から可能な限り多くのデータを取り出すことに決めたんだ。テストの半分を新車できちんと走れれば問題はない」

 チームは先日、新たなプレミアムパートナーとしてスイスの時計ブランド「EDOX(エドックス)」を発表、同社のロゴはC35のバージボードに掲げられている。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ