最新ニュース

STR11、イメージ踏襲の新カラーリング披露

2016.03.01

photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 スクーデリア・トロロッソは1日、2016年のF1マシン『STR11』に採用する新カラーリングを披露した。

 新車で臨んだ初回の合同テストを暫定カラーリングで走ったトロロッソが、2016シーズン用の新カラーリングに彩られたSTR11をカタルニア・サーキットで初公開した。

 披露されたカラーリングは、昨年までのSTRシリーズをほぼ踏襲したダークブルーをベースにしたもので、細部の配色やスポンサーのロゴなども大きな変更はみられない。唯一、変更が目立つのは、昨年まで新車発表のプレゼンテーションを仕切っていた「CEPSA(セプサ)」のロゴがみられないことで、これまでリヤウイングを真っ赤に染めていた同社のロゴは、レッドブルのオリジナルブランドであるレッドブル・コーラのデザインが描かれている。

 また、チームは今シーズンから2015年仕様のフェラーリ製パワーユニットを使用するため、リヤ周辺に掲げられていた「RENAULT」に代わるロゴも姿を消したほか、コクピットサイドに描かれていた「NOVA Chemicals」のロゴもなくなるなど、昨年に比べてスッキリした印象を受ける。

 ただ、チームは前回の合同テストでメルセデスに次ぐ周回数を走っており、ミディアムタイヤで記録したベストタイムも全体の11番手と上々の滑り出し。2年目を迎えたマックス・フェルスタッペンもフェラーリ製パワーユニットの印象について「トップスピードが速い」と期待のコメントを残している。



(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ