最新ニュース

ホンダ密着:パーツ投入“フルパワー”で走行開始

2016.03.02

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 3月1日、午前9時1分。気温7℃の中、マクラーレン・ホンダのガレージが開き、カーナンバー14のマシンがコースインしていった。

 2月末の1回目のテストはマイナーなものだったとはいえ、相次ぐトラブルが発生し、マクラーレン・ホンダの走行距離は1196km。トップのメルセデスAMGの3142kmに大きく引き離され、新規参入チームのハースの1308kmにも届かない11チーム中、10位という結果だった。開幕戦までに残された時間は、あと4日。この2回目のテストしかない。もう絶対にトラブルは許されない。そんな危機感がガレージの中から、ヒシヒシと伝わってきた。

「先週の水漏れの原因は、まだハッキリとはわかっていませんが、どうやら(冷却管の中の)エア抜きが足りず、空気が入ったままになってしまい、それがシール(つなぎ目)にダメージを与えていた可能性が高いと考えています。したがって、スペック的には同じものを持ってきていますが、今回は念入りにエア抜きをしました」と長谷川総責任者は語った。
 ホンダのパワーユニットは、インスタレーションラップを終えた後も順調に周回を重ねていく。

 1回目のテストでは、初日に吸気系に予想していた不具合が生じて、性能を若干抑えて走行しなければならないこともあった。しかし、この日は予定していたパーツを投入して“フルパワー”でラップタイムを刻んでいた。
 12時49分にはアロンソがソフトタイヤを装着していたとはいえ、3番手のタイムをマーク。しかし、直後にストレートエンドでストップ。


「コントロール系のソフトウェアになんらかのトラブルが出たために、ピットから無線でマシンを止めろという指示を出した」と長谷川総責任者が理由を述べている。午前セッションの終了間際だったこともあり、ランチタイムを修復時間に充てることができたものの、午後セッションで再びアロンソがコースインしたのは15時12分。約1時間、走行時間をロスしてしまった。そのとき、メルセデスAMGはハミルトンが今シーズンのテストで初のフルレースシミュレーションを開始していた。

 その後、マクラーレン・ホンダに問題は起きず、2回目のテスト初日は、概ね順調な一日だったといっていい。午後セッションの終了間際にはアロンソが再び自己ベストを更新。3番手のタイムで終えている。

「もちろん、勇気付けられる順位ではありますが、真の実力はまだわかりません。でも、正直、もう少し走りたかった。今日のラップ数(92周)だと4日間でトータル2000kmに届くかどうかという感じですから、開幕までにもっともっと走り込みたい」そう語る長谷川総責任者の脇を、2日目にステアリングを握るバトンが通り過ぎていった。

(尾張正博)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ