最新ニュース

ハースに焦り。ターボトラブルで再び走行できず

2016.03.03

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 スペイン バルセロナでの2016年第2回F1プレシーズンテストが2日目を迎え、ハースF1チームのエステバン・グティエレスがVF-16のテストを担当したが、トラブルのためインスタレーションラップを1周走ることしかできなかった。

 ハースは前日燃料システムの問題で23周で走行を切り上げた後、夜の間にターボチャージャーを交換してこの日の走行に臨んだ。しかしインスタレーションラップを1周走っただけで異常があることが分かり、問題を突き止めるためにターボチャージャーを再び取り外さなければならなくなった。午後の走行開始を目指していたハースだが、結局時間切れとなり、この日一日は翌日のための準備に当てられることになった。

「この2日間は非常に残念な状況となっている。なぜこういうトラブルが起きるのか私には理由が分からない」とチェアマンのジーン・ハース。
「マシンもエンジンも非常に複雑であり、我々は今、予想もしていなかったような作業を行っているのだ」

 開幕までテストは残り2日間となり、チームプリンシパルのギュンター・シュタイナーは残りの走行時間を最大限に活用しなければならないとSky Sportsに対して語った。
「(開幕前に)レースシミュレーションをしなければならない。今や1日単位というより1時間刻みで計画を立てていく必要がある。その時々の状況に従って1時間ごとにプランを変えていくしかない」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ