最新ニュース

曙ブレーキ、今季もマクラーレンをブレーキで支援

2016.03.03

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 日本の自動車用ブレーキメーカーである曙ブレーキは、3日に発表した2016年のモータースポーツ活動計画において、今シーズンもマクラーレン・ホンダにブレーキを供給することを正式に明らかにした。

 2007年から名門マクラーレンのオフィシャルサプライヤーを務める曙ブレーキは、世界最高峰のモータースポーツシーンで高い信頼と実績を築き、2014年には同チームのテクノロジーパートナーに就任。MP4シリーズを足元から支えてきた。

 同社は今シーズンもマクラーレン・ホンダのテクノロジーパートナーとして同チーム期待のニューマシン、MP4-31にブレーキキャリパー、マスターシリンダー、ブレーキバイワイヤ油圧ユニットを供給することになった。

 また、F1と並ぶFIAの世界選手権、WEC(FIA世界耐久選手権)でも2013年からトヨタ・レーシングにブレーキキャリパーを供給している同社は、2016年も新型車両となるTS050ハイブリッドに引き続きブレーキキャリパーを供給。さらに、今年のニュルブルクリンク24時間耐久レースでは、 TOYOTA GAZOO Racing With TOM'Sが走らせるレクサスRC Fにブレーキキャリパーおよびブレーキパッドを供給することもあわせて発表している。

 曙ブレーキは、2002年からモータースポーツ活動を通じて、ブレーキ技術の開発と精錬を重ねており、高性能ブレーキ用素材や構造、表面処理技術などの研究開発に活用しているほか、エンジニアの育成にも励んでいる。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ