最新ニュース

コクピット保護システム「ハロ」を実走テスト

2016.03.03

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 3日、F1の第2回バルセロナ合同テストの3日目を迎えたカタルニア・サーキットで、コクピット保護システムの「ハロ」による実走テストが行われた。

 F1ではここ数年、飛来するパーツやクラッシュから主にドライバーの頭部を守るために、コクピットを保護するシステムの導入に取り組んできた。
 この「ハロ」は、FIAがメルセデスの示したデザインをもとに現在最も推奨しているシステムで、2017年には「これを実現化する」ための取り組みが先週確認されており、さらなるテストがイングランド南部の飛行場で行われている。

「我々が2017年のF1マシンに実用的に搭載できるものを手にするため、過去12ヶ月にわたってこのプロジェクトを推進してきた」と、FIAのセーフティーディレクターを務めるローラン・メキースは語っている。
「今回のテストは、“重要な前進になるだろう”と真に言えるものを定めることを念頭に置いている」

 テスト開始直後にハロを装着したキミ・ライコネンのフェラーリSF16-Hはインスタレーションラップを1周走り、システムの感触を確かめたが、実走テストはこれで終了。フェラーリもこの日のテストで再度システムを搭載することはないと認めている。

 なお、このハロ案以外にも“透明素材によるコクピット保護案”の評価も並行して行われている。

■走行動画(SKY SPORT F1)はこちら

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ