最新ニュース

「ホンダだけは謎」と0.5秒向上のルノー

2016.03.04

 スペイン バルセロナでの2016年第2回F1プレシーズンテストが3日目を迎え、ルノー・スポールF1のジョリオン・パーマーがR.S.16のテストを行った。

 3日の天候は晴れでドライコンディション。午前中はギヤボックストラブルが発生し、燃料を軽くした状態での走行ができなかったものの、午後に走行を再開、フルレースディスタンスを走り切った。パーマーは98周の中でソフトタイヤで1分26秒224を記録、12人中10番手だった。

「これまでの2日間、ケビン(・マグヌッセン)はかなり走りこみができたのに、今日僕が乗ると予定どおりにいかなくて、『なんで僕だけ?』って思った」とパーマー。彼は先週のテストでトラブルに見舞われ、2日間でわずか79周しか走行できなかった。

「でもギヤボックストラブルを解決した後、レースシミュレーションを問題なく走り切ることができた。よかったよ。マシンの感触はいい。あと2周で100周だったのに残念だったね!」
「先週走り出した時から比べるとチームはうまくマシンの改善を進めてきたと思う」


 エンジンテクニカルディレクターのレミ・タファンは、今年は王者メルセデスとの差を半分に縮めることを目指しており、今年の開幕戦で使用するパワーユニットの仕様は、ラップタイム上すでに大きな向上を果たしていると述べた。

「目標を達成できると思えるところまできた」とタファン。
「ダイナモで証明された事実がある。冬の間に0.5秒以上縮めることができるとすでに証明しているのだ。正直言うとメルセデスとの比較をするのはかなり難しい。彼らは手の内を見せていない。予選Q3になって初めて実力を見せるんだ」

「だが彼らとの差は縮まったと予測している。ギャップが依然として存在するのは確かだが。我々が目標としているのは、全体的に優れたマシンを作り、2017年から彼らと戦える状況を整えることだ」

 ルノー・スポール・レーシングのマネジングディレクター、シリル・アビテブールは、今年のうちにエンジン側だけで1秒タイムを縮めることを目指していると明かした。彼はルノーはメルセデスおよびフェラーリとのギャップは縮めたと感じているが、ホンダの状況については見当もつかないと述べている。

「他のマニュファクチャラーが何をしているのかは明白でない。うわさであれこれ耳にしているだけで、確かなことは何もない」とアビテブール。
「(だが0.5秒向上というのは)フェラーリとメルセデスが成し遂げている以上のものだと理解している。しかしホンダがどこまでやってきているのかは見当もつかない」
「彼らは我々にとって、今も謎なんだ」

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ