最新ニュース

レッドブル「ルノーのパワーユニットは馬力向上」

2016.03.04

 スペイン バルセロナでの2016年第2回F1プレシーズンテストが3日目を迎え、ダニール・クビアトがレッドブルRB12で走行を行った。

 3日の天候は晴れでドライコンディション。この日がシーズン前最後の走行となるクビアトは、前日のダニエル・リカルド同様、ピットストップ練習や空力マッピングの作業に取り組み、レースシミュレーションも行った。午後に小さなトラブルが起きたために走行時間を少し失ったが、クビアトは121周を走り切り、ソフトタイヤで出した1分25秒141のタイムで12人中9番手となった。

 レッドブルは、この日は一発のタイムを追求するチームがいくつかあり興味深かったものの、自分たちはひたすら開幕戦への準備に専念したと述べている。

「テストでのこの数日は、僕もチームもマシンを向上させることに集中してきた。他のことは重要ではない」とクビアト。
「僕らはできる限りのことをした。あとは状況を見てみるだけだ。今日は予定していたプログラムをすべて実行できた。とても有意義だったし、開幕戦への準備は整ったと思う」

「今日いくつか小さなトラブルはあったが、深刻なものではなく、僕にとっていい最終日だった。開幕戦メルボルンで何が期待できるか、正直言って僕には全く分からない。何も予想せずに行って、最大限の仕事をするだけだよ」


 最終日に走行するリカルドは、ルノーのパワーユニットにある程度向上を感じていると述べた。

 Formula1.comのインタビューにおいて今年のルノー・パワーユニットについて聞かれたリカルドは「今の段階で、去年より少し進歩している。大きな進歩ではないけどね。でもシーズンをスタートするには十分だ。ヨーロッパラウンドまでには大きく向上すると思う」と答えた。

「チーム内とかパートナーとの間に、今はあつれきのようなものはない。いいシーズンになる傾向だと言っていいだろう」

「純粋な馬力としては今年はトップとの差は縮まったはずだ。モンツァやスパでも前ほど苦しまないと思うよ」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ