最新ニュース

「今、タイムを追及しても無意味」とレッドブル

2016.03.05

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 スペイン バルセロナでの2016年第2回F1プレシーズンテストが4日目最終日を迎え、ダニエル・リカルドがレッドブルRB12で走行を行った。

 4日の天候は晴れでドライコンディション。リカルドは午前中にその日の自己ベストタイムとなる1分24秒427をソフトタイヤで記録、午後にはロングランやセットアップの作業に取り組んだ。レッドブルは、最終日も速いラップタイムを出すためにプッシュするのではなく、マシンへの理解を深めるための作業に集中したとして、「今、ラップタイムを追及することは無意味である」と述べている。充実したテストができ、いい状態で開幕戦に臨めるということだ。

「とてもうまくいった。次はレースで走れると思うと嬉しいよ!」とこの日123周を走り6番手となったリカルドは語った。

「テストはとても順調にいったと思う。僕が担当した4日間のうち3日で100周以上走れたから、過去2年よりは間違いなくよかった」
「ある程度進歩しており、これからもっと進歩するだろう。今年はいいスタートを切った。時間を有効に使えたし、僕自身すぐにマシンになじむことができた。レースを戦う態勢は整っていると思う」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ