最新ニュース

新ノックアウト方式の予選、開幕戦から急きょ導入へ

2016.03.05

photo

©LAT

フォトギャラリー


 新しいノックアウト方式の予選フォーマットが、最初の案のまま世界モータースポーツ評議会に承認された。2週間後に迫ったシーズン開幕戦オーストラリアGPから導入されることも決定した。

 新フォーマットでは、これまでと同様に予選を3つのセクションに分割する。16分間のQ1では開始7分後から90秒ごとに、その時点で持ちタイムが最も遅いドライバーが「ノックアウト」されて、15人がQ2に進む。同様のプロセスで、15分間のQ2では開始6分後から最も遅いドライバーが脱落していき、終了時点では8人が残る。14分間のQ3では開始5分後からノックアウトが始まり、最後まで勝ち残ったドライバーがポールジションを獲得する。

 最初の提案は、2月にジュネーブで開かれたストラテジーグループとF1委員会の会合を経て承認された。だが、その後まもなく、バーニー・エクレストンがテレビ局への情報提供などに問題が生じる可能性があるとして、新フォーマットの採用は5月のスペインGPあたりまで延期される予定との見通しを示していた。

 3月に入ってからは、当初の案が一部変更されるとの説も浮上した。Q1とQ2ではノックアウト方式を採るが、Q3は2006年以来の現方式を維持して8人のドライバーが最後までタイムを争うという折衷案だ。これは「予選終盤にコースを走る台数が減っていくと、スタンドのファンやテレビの視聴者が退屈する」との懸念に配慮したものだった。

 だが、金曜にジュネーブで行われた世界モータースポーツ評議会は結局、当初の完全なノックアウト方式を採択した。どうやらエクレストンもFOM(フォーミュラ・ワン・マネジメント)から「メルボルンでのレースまでに何とかソフトウェアの準備ができる」との連絡を受けて、開幕からの実施に同意したようだ。

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ