最新ニュース

森脇の視点:2016年ニューマシン、ここが気になる

2016.03.06

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©Sutton

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©F1 Sokuho

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2016年シーズンの新車が出そろい、バルセロナでのテストを経て、もう開幕戦は目前。『F1速報』ご意見番とも言える森脇基恭氏が、今季ニューマシンを見て感じた傾向、個人的に気になるところ、そして期待度の高いクルマについて語る。

------------------------

 まずは「あまり変わっていない」と言われているメルセデス。昨年あそこまで到達していて、今年が現行規定の最終年度ということを考えると、当たり前とも言えます。しかし、大きな変化は見えなくても、バージボードやノーズなど、非常に細かいところを追求してきている。チームがうまく機能していて「いいと思うことは全部やろう」という雰囲気を感じます。どんどん突き詰めていくと、もう劇的に改善するような大きな“タマ”は残っていない。それでも自分たちの持っている知識とデータをもとに、少しでも前に進もうとしている。

 メルセデスW07で一番の特徴は、ドライバーの後ろにあるエアインテークが大きくなっていること。ボディ後端を絞り込んで空力を良くしたい、でも冷却はちゃんとしなければいけない。相反することを、きめ細かく考えている。メルセデスがここまでやってきたら、他は打つ手がないんじゃないかと思うくらいです。

 全体の傾向としては、同じレギュレーションのもとで開発が進んでくると、当然どんどん似たようなクルマになってくる。そのなかで面白いのは、メルセデスのノーズを他チームが真似してこないこと。ウイリアムズのような先端に「親指」が付いたタイプが増えて、フェラーリも追従しています。


 走っているクルマには、いつも正面から風が当たっているわけではなく、斜めになっている状態のほうが、ずっと多い。それを考えると「親指」が飛び出ているより、メルセデスのようにシンプルな形状が有利なはずです。ただ、メルセデスのようなノーズでクラッシュテストをパスするのは、かなり難しいのかもしれない。それで「親指」を付けて、なんとか空力と強度の折り合いをつけている。どのチームも時間との戦いであり、苦肉の策ということでしょう。

 空力面だけ考えても、ノーズの部分は難しいんです。レギュレーションに合わせてノーズの先端を低くすると、メインウイングの中央を通る風が少なくなって、後ろに悪影響を及ぼすこともある。それを回避するにはノーズを短くしてフロントウイング後端まで下げることです。あるいは「親指」だけ下げておいて、あとは上にあげて空気を通したほうが良いという判断もある。ノーズ形状はサイドポンツーンから後ろのほうまで全体に影響することなので、どうバランスさせるか、そこにチームの考え方が出る。

 フォース・インディアの、ノーズに穴を開けた形状は、よくわからないですね。昨年型の実物を見たんですが、あれは良い方法なのかどうか? ウイリアムズのような「親指」タイプは考え方が理解しやすく、シンプルな解決策だと思います。

 メルセデスはバルセロナ・テストで、さらに新しいノーズを投入してきました。フロントウイングの中央部にマウントしている部分が、すごく少なくなっているものです。あくまでテストとは言え、あれで剛性を確保して、効果が得られるという確信を持って用意したんでしょう。いまはコンピュータ上のシミュレーションで“クラッシュテスト”ができますから、どんどん無駄は少なくなっているはずです。


 新チームのハースは、手堅い印象。何も冒険せず、「さすがダラーラだ」という仕上がりですね。マノーはパワーユニットが変わり、ミッションが変わり、そこの信頼性が上がれば、ちゃんと走れるでしょう。スタッフも強化しているので、設計段階でのシミュレーションをしっかりやって、人並みの重量でクルマを作ることができれば、それなりのタイムが出せると思います。ルノーは現時点では昨年のクルマと、かなり似ている。いいものも、悪いものも、まだ出てきていない。

 個人的に期待度が高いのは、まずハースですね。新チームにもかかわらず1回目のテストからしっかり走れて、タイムも出ている。じゃあコンスタントにポイントが取れるかどうかと言えば、かなり難しい。現在の勢力図でトップ10に入るのは大変なことだから、ハースが簡単にできるとは思わないけれど、中団グループが引っ掻き回されてしまうかもしれない。

 あとひとつは、フェラーリです。レギュレーション変更を控えた年に、大きくクルマを変えるという選択をした。メルセデスをやっつけて、何勝か挙げる唯一のチームになりうると期待しています。

(F1速報)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ