最新ニュース

タイヤ新規定で、開幕戦から多彩な戦略が可能に

2016.03.07

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 ピレリは、タイヤに関する新レギュレーションが初施行される開幕戦オーストラリアGPでは、各チームがバリエーションのあるタイヤ選択をすることに大きな期待を寄せている。

 遠隔地開催となるグランプリに向けては開催14週間前にタイヤ選択を行うとの新規定のもと、メルボルンのアルバートパーク・サーキットで行われるオーストラリアGP用のコンパウンドは、昨年のクリスマス直前に発表された。ピレリはスーパーソフト、ソフト、ミディアムを用意しており、各チームでのドライバーへの割り当ては火曜日(8日)に公表される。

 ピレリのレーシング・マネージャーを務めるマリオ・イゾラは「各チームがそれぞれ異なる選択をし、チーム内でも2台のマシンが異なるタイヤを使うことになったら面白い」と語る。

 どのような選択がされたかをすでに把握しているかとの質問には、以下のように回答した。


「(どのコンパウンドの)タイヤを何本製造する必要があるのか、FIAから指示を受けている。2週間前には、(各チームの)割り当て用バーコードも受け取った。この段階で我々はチームの選択を把握しており、火曜日にこれを公表する」

 チームはそれぞれのタイヤがどのように機能するかを理解できるまで、最初の数戦は様々な戦略を試すだろうと予測している。

「シーズン序盤にあたる最初の4戦は、プレシーズンテスト前というかなり早い段階で決める必要があったため、バリエーションに富んだ選択になるだろうと思う。つまり、いくらか違いが見られると予想する。フリー走行で違いが出て、レースでは似たような戦略を選んでカバーするような形になるかもしれない」

「なぜならチームは高性能なシミュレーターを持っており、新しいレギュレーションのもとでも最高の戦略を編み出すことができる。けれども我々は新たによりソフトなタイヤを追加しているので、昨年と比較してよりピット回数が多かったり、異なる戦略が取られることを望んでいる。チームがより積極的な戦略に出たら、より多くのピットストップが見られるようになるはずだ」

(Translation:Akane Kofuji/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ