最新ニュース

F1初開催アゼルバイジャンのタイヤ3種が決定

2016.03.07

photo

©Baku City Circuit

フォトギャラリー


photo

©Baku City Circuit

フォトギャラリー


他の写真も表示 全2枚最初の1枚

 F1公式タイヤサプライヤーのピレリが、今年初開催のアゼルバイジャンでのグランプリに用意するタイヤコンパウンドを発表した。

 今年6月17~19日、アゼルバイジャンの首都バクーで初めてのF1が第8戦ヨーロッパGPとして開催される。ピレリはこのストリートサーキットにホワイト・ミディアム、イエロー・ソフト、レッド・スーパーソフトの3コンパウンドを持ち込むことを決めた。

 レースウイークエンドで使用できるのは13セット。その中で決勝用に必ず取っておかなければならないのはミディアム1セットとイエロー1セットで、このうち少なくとも1セットは決勝で使用しなければならない。

 予選Q3用に取っておかなければならないタイヤはスーパーソフト1セット。このタイヤはQ3に進出したドライバーはQ3後にピレリに返却、それ以外のドライバーは決勝で使用することができる。

 それ以外のセットに関してはドライバーごとにコンパウンドを選択することができる。

 なお、第7戦カナダにはソフト、スーパーソフト、ウルトラソフトが持ち込まれ、決勝用にキープしておかなければならなのはソフト2セット、Q3用タイヤはウルトラソフト1セットであることも発表されている。

 新レギュレーションにおいて、タイヤ指定はヨーロッパ以外の開催地に関しては14週間前、ヨーロッパのグランプリに関しては8週間前に行わなければならないと決められている。そのため第5戦スペイン、第6戦モナコに持ち込まれるコンパウンドについてはまだ発表されていない。

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ