最新ニュース

アメリカGP開催確定。テイラー・スウィフトも登場

2016.03.10

 アメリカGPの主催者が、今年のグランプリが開催できる状況になったと明言した。アメリカGPは資金不足のため続行が危ぶまれていた。

 昨年テキサス州政府はサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(COTA)でのF1開催のための資金援助を大幅に削減することを決め、これを受けてCOTA会長ボビー・エプスタインは、アメリカGPの将来に関し「状況は思わしくない」と述べていた。

 州政府はもともとは、10年間の開催契約において1年あたり2,500万ドルの資金を提供することを約束していたが、昨年援助額が1,950万ドルへと減らされた。さらに昨年は悪天候となったためにチケットの売れ行きも減少、2015年の開催料金の支払いが遅れていることも明らかになっており、アメリカGPが今季開催できるのかどうか、疑問が生じていた。

 2016年F1正式カレンダーが発表された際には「プロモーターおよびアメリカのモータースポーツ統轄団体の合意が条件」としてアメリカGPは暫定扱いとなっていた。しかし9日、エプスタイン会長は同グランプリを開催すると表明、今年グラミー賞で自身2度目の年間最優秀アルバム賞を受賞したテイラー・スウィフトが土曜にライブを行うことも併せて発表した。

「F1がCOTAに戻って来ること、そしてテイラー・スウィフトによる注目のライブが行われることを確認でき、非常に喜んでいる」とエプスタインは述べたとロイターが伝えた。

 アメリカGPは第18戦として10月21~23日に開催される。チケットは4月6日から発売されるということだ。


(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ