最新ニュース

トト・ウォルフ、ウイリアムズの保有株売却を完了

2016.03.10

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフが、保有していたウイリアムズの株式の残り5%を売却した。これで彼とウイリアムズとの資本関係は完全になくなった。

 ウォルフは2009年にウイリアムズ・グランプリ・ホールディングス(WGPH)に出資してチームの役員に加わり、2年後の同社のフランクフルト証券取引所への上場にも一役買っている。だが、2013年にはメルセデス・グランプリLtdへ移って現在の職につき、その際のダイムラーAGとの約束に基づいて、ウイリアムズの株式を段階的に売却してきた。

 2014年、彼は所有していたWGPHの株式15%のうち、5%をヘルスケア事業に携わるアメリカ人起業家ブラッド・ホリンガーに売却し、昨年2月にもさらに5%を同氏に譲渡していた。今回は最後に残った5%をホリンガーに譲って、全保有株の売却を完了した。

 ウォルフは次のように語っている。「サー・フランク・ウイリアムズや彼のチームとのビジネス面での最後のつながりを断ち切る日を迎えて、これほど寂しい気持ちを覚えることになるとは思っていなかった。最初は純粋な投資としてチームに加わったが、私はすぐに活動にも積極的に関与するようになり、この偉大なインデペンデントF1チームの再構築にも携わることができた」


「真に情熱的なレーサーであるサー・ウイリアムズのチームの一員として、F1の世界に足を踏み入れたことを誇りに思っている。この世界では、ビジネスと従業員の将来のために常に正しい判断をしていかなければならない。私は何度も厳しい経験をしながら多くの教訓を得たが、それらはすべてこの業界を理解することに役立った。私はフランクと彼のチームから学んだことに感謝しているし、これからもあの時期を決して忘れないだろう。ウイリアムズの歴史の一部分になれたことは、私にとって最高の名誉だった」

 ウォルフはWGPHの株式の15%を保有することになったホリンガーについて、長期的にウイリアムズに貢献できる適切な人物であることは間違いないと述べた。
「私の保有株を売却する計画は、2013年にダイムラーと合意した後、完了までにかなりの時間を要した。だが、それは正しい理由でF1に出資する、適切な投資家を探すことが重要だったからだ。ブラッドはまさにそのような人物だ。彼は真剣なビジネスマンであり、ウイリアムズとF1についての正しい長期的視野とレースに対する真の情熱を持っている」

 また、フランク・ウイリアムズは、次のようにコメントした。「この数年間で、トトはウイリアムズにとって素晴らしい友人になった。彼が最初に出資した2009年以降、この会社にとって大きな変革の時期に彼が果たしてくれた貢献に感謝している」
「彼は2013年にメルセデス・ベンツのF1チームを率いる地位についてからも、たいへん優れた仕事をしてきた。彼のチームが2年連続でドライバーズとコンストラクターズの両選手権を制覇したことは、高く評価されるべき業績だ」

「メルセデスでの彼の役割を考えれば、トトが保有するウイリアムズの株をすべて手放すのは避けられないことだった。正しく時期を見ながら、本当に適切な買い手を探して株を売却してくれた彼の思慮深さに感謝している。トトが全保有株を譲渡したブラッド・ホリンガーは大きな成功を収めたビジネスマンであり、F1とこのチームに対する熱い思いを持っている。彼はチームの重要なメンバーのひとりだ」

(Translation:Kenji Mizugaki/オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ