最新ニュース

「マクラーレン・ホンダで戦うか引退かの二択」 とアロンソ

2016.03.10

photo

©Sutton

フォトギャラリー


 マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは、今後のF1キャリアの中で他のチームに移籍することはないと語った。しかし2017年末までの契約を延長するかその時点で引退するかはまだ分からないということだ。

 アロンソは2015年、フェラーリからマクラーレン・ホンダへと移籍した。しかしホンダのF1復帰初年度の昨年、チームは苦戦し、コンストラクターズ選手権で10チーム中9位に終わった。

 3年契約を結んだアロンソは、現在の契約期間は2017年末までということになるが、信頼性およびパフォーマンス不足によりリタイアや予選Q1落ちが相次いだ昨年、彼のモチベーションは続かないのではないかとの推測から早くも休養説が浮上している。

 しかしアロンソは一貫して休養の可能性を否定しており、最近行われたインタビューにおいても、少なくとも契約期間満了まではマクラーレンで走ること、このチームでキャリアを終えるつもりであることを明かしている。

「今は正直な話、メルセデスとワールドチャンピオンシップを争い、ここ数年続いている彼らの支配を終わらせる挑戦者となり得るのは、マクラーレン・ホンダだけだと僕は思っている」とアロンソはSky Sports News HQのインタビューにおいて語った。

「だが今後大きなレギュレーション変更があり、F1の将来が大きく変わる。何が起こるのか見ていこうではないか。僕はもう若くはないから、マクラーレン・ホンダと共に勝つことを心から願っている。前との差をどんどん縮めてきている。2017年を戦った後で、僕がマクラーレンにとどまるのか、F1をやめるのかが分かるだろう」
「もう他のチームに移籍することはないと思う」


 2017年の後についてはまだ考えておらず、来シーズンの戦いを通して決断を下すということだ。F1上層部は来年、今より圧倒的に速いF1マシンを導入する計画を推し進めている。

「来年のマシンで走っていて本当に楽しめるかどうか、F1が規則変更においてどう進化したのかを、まずは確認してみる」とアロンソ。

「自分が相変わらず楽しめて、なおかつワールドチャンピオンになる可能性があると感じるなら、契約を延長しないとは言えないよ。三度目のワールドチャンピオンシップを追及するかもしれない」
「だが今の時点では遠い先の話だ。まだ2016年(シーズン)が始まってもいない。まずは今年に集中しよう」

(オートスポーツweb)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ