最新ニュース

ハースに初のアメリカ人ドライバー。 17歳に機会与える

2016.03.11

photo

©Haas F1

フォトギャラリー


 ハースF1チームが、アメリカ出身17歳のドライバー、サンティーノ・フェルッチを開発ドライバーとして起用することを発表した。

 フェルッチはカートでレースキャリアをスタート、2015年にはトヨタ・レーシングシリーズ・ニュージーランドとFIA F3ヨーロッパ選手権に参戦、前者ではランキング3位を獲得、後者は11位だった。

 10日、ハースはフェルッチが同チームの開発ドライバーとしてレースやテストに同行し、シミュレータープログラムにも取り組むこと、同時にDAMSからGP3にフル参戦することを発表した。GP3は全9戦がF1のサポートレースとして開催される。

「サンティーノ・フェルッチはこれまで参戦したレーシングシリーズすべてにおいていい仕事をし、力を証明してきた」とチームプリンシパルのギュンター・シュタイナーは言う。

「同時にレースカーに乗っていないときに見せる成熟さも印象的だ。サンティーノは大きなポテンシャルを持ったアメリカ出身の若手ドライバーであると我々は考えている。彼にとってDAMSで走ることはさらに成長する機会であり、ハースF1チームは将来の成功のためのチャンスとなる」


「レースを始めた時からF1ドライバーになることを目標としてきた」とフェルッチ。
「アメリカ人としてアメリカチームの一員になることに大きな誇りを感じる」
「やるべきことはまだたくさんあるけれど、ハースF1チームに加入することで、より速くよりたくさんのことを学ぶことができるだろう。DAMSでのGP3活動を最大限に活用し、究極的にはF1昇格への準備を整えることができる」

 今年フェラーリの若手育成プログラム、フェラーリ・ドライバー・アカデミーに加入したモナコ出身の18歳、シャルル・ルクレールがフェラーリおよび提携関係にあるハースの開発ドライバーの役割を果たすこともすでに明らかになっている。

 ハースF1は30年ぶりのアメリカ拠点のF1チームとして今年デビューを果たす。初シーズンに関してはアメリカ人ドライバーの起用にこだわらず、レースドライバーにはロマン・グロージャンとエステバン・グティエレスを選んだ。

(オートスポーツweb )


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ