最新ニュース

羽下チーフが手がけたフォース・インディアVJM09の手ごたえ

2016.03.15

 F1シーズン開幕前、最後のテストを終えた数チームの関係者に、2016年ニューマシンの手ごたえを聞いた。フォース・インディアVJM09を手がけた、羽下晃生チーフデザイナーが語る。

──今年の新車VJM09では、どの領域を担当されたのでしょうか。

 チーフデザイナーです。フォース・インディアにはふたりのチーフデザイナーがいて、1年ごとに交代で新車をデザインしています。今年は私で、昨年はイアン・ホールがVJM08の担当でした。

──昨年フォース・インディアは、シーズン途中からBスペックを投入しましたが、それもホールさんが担当したのでしょうか。

 みなさんはBスペックと呼んでいますが、実はフォース・インディア内では、あれはVJM08のままで「Bスペック」と呼ぶ人はいません。したがって、VJM08を担当したイアンの進化型マシンです。

──VJM09を設計するにあたって、気をつけた部分はなんですか。

 昨年から、ほとんどテクニカルレギュレーションが変わらないということと、来年大きくレギュレーションが変わるということ。つまり、いまのレギュレーションの開発を突っ込んでやっても、それを来年の新車には、あまり使えないということです」

──とはいえ、昨年の通称Bスペックと今年のVJM09は同じではありません。どの部分に改良を加えてきたのでしょうか。

 パワーユニットのクーリング関連に変更があったので、そのエリアのボディワーク。それとフロントウイング、そしてサスペンションにも手を加えました。

──それらの狙いは?

 もちろん、ダウンフォースです。より(ダウンフォースを)出す方向ですね。


──風洞実験で得られたデータと実際のテスト結果の相関は、いかがでしたか。

 だいたい想定したとおりですね。もちろん(想定よりも)良かったところもあるし、もうちょっとだったところもありますが、引っくるめて、おおむね予想していたとおりの結果です。

──バルセロナのテストでは後半、風が強かった。コンディションによる影響は、ありましたか。

 条件が変わったときでも、安定してダウンフォースが出せるような開発をしてきたので、私たちにとっては良いテストになりました。安定してダウンフォースを出すというのは今年に限らず毎シーズンやっていることですが、その部分は昨年夏のアップデートで、かなり良くなりましたので、良い部分は引き継いでいかなければなりません。

──昨年のマシンを担当したホールさんへの対抗意識はあるのでしょうか。

 デザインチームというのは、少なくともフォース・インディアの場合は、チーム内で完全に分かれて組織されているわけではなく、開発の都合でオーバーラップする部分があるので、お互い協力しながらやっています。だから「あいつに負けたくない」とか、そういう気持ちはありません。特に空力というのは積み重ねが大切なので、お互いにやっていることがわからないと、実際問題やっていけない。チームとして開発を、いかに継続してやっていけるか。どちらが担当していてもチームとして良い方向に行くことが一番です。

──ずばり今シーズンの目標は?

 昨年は、とても良いシーズンだったので、昨年と同じか、それより上に行きたいっていうのは当然ありますが、まあ難しいですよね。順位って相対的な話なんで、昨年は苦しんでいたチームが今年は必ず巻き返してきますから。レッドブルもレッドブルで、ずいぶんとクルマの性能を上げてきている。あのクルマ(RB12)は相当速いですよ。

(尾張正博/Text : Masahiro Owari)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ