最新ニュース

森脇の視点:2016年F1開幕「裏」の注目ポイント

2016.03.15

photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©XPB Images

フォトギャラリー


photo

©F1 Sokuho

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 F1開幕まで、あと少し。『F1速報』開幕直前号でも今季の見どころを語っている森脇基恭氏に、ウェブ限定で「裏」の注目ポイントを挙げてもらった。いろいろな角度から、2016年シーズンを味わうための視点を紹介しよう。

------------------------

1:今年のルーキーは「ハズレ」か「あたり」か?

 2015年はマックス・フェルスタッペンを筆頭に、カルロス・サインツJr.やフェリペ・ナッセなど、ルーキードライバーに注目が集まり、豊作の年でした。それと比べると今年の新人はイキが良いのかどうか……。現時点で気になるのはDTMチャンピオンのパスカル・ウェーレインくらい。これを覆すドライバーが出てくるのかどうか、ひとつ気になるところです。

2:マクラーレンのシャシーは本当に良いのか?

 フェルナンド・アロンソとジェンソン・バトン、マクラーレンのドライバーふたりが口をそろえて「クルマは良い」と言っているのを、個人的に疑っています。実際、遅いタイムで走っていたら、クルマが良いのかどうか判断できないはず。いまより1秒速く走れるようになったら全然、別物になります。あのタイムで走っているからクルマに余裕があって、パワーが足りないから滑ることもなく、しっかり走れてしまう。そのときになって「なんだ、こんなクルマ」ということになるかもしれない。本当にマクラーレンのクルマは良くて、パワーユニットだけがダメなのか、すごく気になっています。


 そもそもホンダと組む前から、マクラーレンの調子は決して良くなかった。2013年、2014年とメルセデスを搭載していながら勝てず、その流れのままホンダとの共闘が始まっている。マクラーレン帝国を築いた人たちはチームを離れていって、かつての栄光を知っているのはロン・デニスくらい……。

 もちろんマクラーレン・ホンダが活躍するためには、パワーユニットがまともにならなくてはいけません。熱を回生するMGU-Hからのアシストが1周にわたって途切れないように、何よりパワーを上げるにはメルセデスのような大きなコンプレッサーが必要です。新車を上から見るとよくわかりますが、今季はライバルたちも「サイズ・ゼロ」でリヤを絞り込んできている。どんな結果が出るのか、マクラーレンのシャシー性能とともに注目しています。

3:メルセデスの圧勝で終わってしまうのか?

 最後は「裏」というよりも直球の見どころですが、2016年は現行レギュレーションの3年目で、最終年となる。2017年に大きな規則変更があることは決まっているので、いまのルール下での集大成となることは間違いないでしょう。「結局、最後までメルセデスだった」となるのか、あるいはフェラーリや他チームが「ひっくり返したね」となるのか。その結果を見られるのが、楽しみです。

(F1速報)


→F1ファンのつぶやきも覗く! 

F1フォト

F1一覧を見る

©XPB Images

©XPB Images

©XPB Images

©Sutton

©XPB Images

©XPB Images


©XPB Images

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT

©RENAULT SPORT


F1ニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ