最新ニュース

TASでD1のEX戦開催。EVドリフトカーも走行披露

2015.01.09

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 1月9日、千葉県の幕張メッセで開催されているカスタムカーの祭典『東京オートサロン2015』の中で、D1グランプリのエキジビションマッチ『D1GP Kick Off Drift』が開催され、昨年のランキング上位8名がバトルを繰り広げるとともに、世界初のEVドリフトカーも走行を披露した。

 D1では例年このオートサロンでキックオフイベントを開催しており、今年は末永正雄、横井昌志、日比野哲也、松井有紀夫、川畑真人、今村陽一、高山健司、末永直登という昨年のランキング2位から9位までの8名のドライバーが参戦。14年チャンピオンの高橋邦明も参戦予定となっていたが、昨年12月のイベントでマシンにトラブルが発生したということで欠場に。ただ、高橋も姿を見せ、ファンへのインタビューを行うなど会場を盛り上げた。

 イベントの進行はD1グランプリでおなじみの鈴木学さんが務め、解説として初代D1チャンピオンでもある谷口信輝が登場。単走の採点はDOSS(D1オリジナルスコアリングシステム)による機械審査で行われたものの、追走では谷口が判定を行った。

 多くのファンが集まる中で始まった走行では、単走を高山がトップ通過。続く追走トーナメントではトップドライバーたちによる接近戦が繰り広げられ、解説の谷口も「小さいコースだけど見応えがハンパない」と大興奮。決勝には川畑と松井が決勝に進出し、後追いでリードを拡げた川畑が初日の優勝を飾ることとなった。2位に松井が入り、3位には高山との3位決定戦を制した横井が入った。

 またこのイベントには、創立から15周年を迎えたD1グランプリが開始した『EVドリフトカーチャレンジプロジェクト』のもと制作されたトヨタ・プリウスをベースとするEVも登場。オフィシャル公認による本格EVドリフトカーとしては世界初となるこのマシンは、現在も開発が進んでいる最中とのことで100%の状態ではないということだったが、開発ドライバーを務める上野高広がステアリングを握って走行を披露。モーター音とスキール音のみが響く新たなドリフトの世界を、集まったファンに披露した。

 このD1GP Kick Off Driftは、10日(土)、11日(日)も午後12時30分から開催予定となっている。

(オートスポーツweb)


クルマフォト

クルマ一覧を見る

©CTCC

©CTCC

©MAZDA

©SUBARU

©Ferrari

©PEUGEOT JAPON


©PEUGEOT JAPON

©PEUGEOT JAPON

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©Ferrari


クルマニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ