最新ニュース

新型シビック・タイプRは台数限定で12月に発売

2015.10.28

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©Honda

フォトギャラリー


photo

©Honda

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 ホンダは28日、新型シビック・タイプRを12月7日に発売すると発表した。

 新型シビック・タイプRは、「心昂ぶるブッチギリの走り」をコンセプトに、新設計された『2リッターVTECターボエンジン』を搭載。空力性能を高めたエクステリアデザインやアダプティブ・ダンパー・システム、6速マニュアルトランスミッション、そして19インチのハイパフォーマンスタイヤなどにより、サーキットから一般公道まで高次元の走りを堪能できるドライビングフィールが目指された。

 最高出力は310馬力、最大トルクは400Nmとなっており、ニュルブルクリンクの北コースでのテストではFF量産車では最速となる7分50秒63をマークするなど、“歴代最高のタイプR”となったこの新型シビック・タイプR。ホンダの八郷隆弘社長も、東京モーターショーでのスピーチで「歴代最高のシビック・タイプRを目指した今回のモデルは、ホンダが目指した『走りを究める』という志の具現化です」と胸を張った。

 価格は税込428万円となり、すでに発表されていた通り、日本国内では750台限定での販売となる。申し込み受付期間は10月29日から11月23日までとなっており、申し込みが限定台数を上回った場合は抽選となる。

(オートスポーツweb)


クルマフォト

クルマ一覧を見る

©CTCC

©CTCC

©MAZDA

©SUBARU

©Ferrari

©PEUGEOT JAPON


©PEUGEOT JAPON

©PEUGEOT JAPON

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©Ferrari


クルマニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ