最新ニュース

ポルシェ、ボクスターとケイマンに“718”の名

2015.12.10

2015年12月10日

ポルシェのミッドシップスポーツカーに新名称“718”
ボクスターおよびケイマンを718モデルシリーズとして販売

 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ) の2ドア/ミッドシップのスポーツカーには、2016年のモデルチェンジから718ボクスターおよび718ケイマンという新たなモデル名が与えられ、2016年度中に718ボクスターおよび718ケイマンを順次導入いたします。

 シュトゥットガルトの自動車メーカーであるポルシェの718という名称は、著名な自動車レースで多くのサクセスストーリーを生んだ、1957年に活躍した画期的なスポーツカーに由来します。718ボクスターおよび718ケイマンは将来、外観的にも技術的にもさらに共通点が増えます。両モデルともに同等にパワフルなターボチャージャー付き4気筒水平対向エンジンが搭載されます。将来的には911同様、ロードスターであるボクスターが、クーペのケイマンより上の価格帯に位置付けされる予定です。

 718モデルシリーズは、実証済みの4気筒コンセプトと、卓越したポルシェのスポーツカーの歴史を引き継ぐものです。その最新の例は、919ハイブリッドLMP1レースカーで、このモデルにも、高効率の2リッター4気筒ターボエンジンが搭載されています。ポルシェは、ル・マン24時間レースにおいて1-2フィニッシュを達成しただけでなく、先日、世界耐久選手権(WEC)のマニュファクチュアラータイトルとドライバータイトルも獲得しました。これらの勝利により、919ハイブリッドはポルシェの未来のスポーツカーエンジンのパフォーマンスの可能性への展望を拓きました。

718の歴史:数々のレースで優勝を飾った4気筒水平対向エンジン
 4気筒水平対向エンジンは、ポルシェの長年の伝統です。そして、驚くほどの成功を収めています。1950年終盤には、伝説のポルシェ550スパイダーの後継モデルである718が、4気筒水平対向エンジンを搭載した最上位モデルとして登場しました。1960年のセブリング12時間レースでも、1958年から1961年まで開催されたヨーロピアン・ヒル・クライム・チャンピオンシップでも、ポルシェ718は、そのパワフルで効率的な4気筒水平対向エンジンで無数のライバル達を退けました。また、718はシチリア島で開催された伝説的なレースであるタルガフローリオで1959年から1960年の間に3回の優勝を果たしました。1958年のル・マン24時間レースでは、142 PSを発生する4気筒エンジンを搭載した718 RSKがクラス優勝を遂げています。

ポルシェ919ハイブリッド:最先端テクノロジーを備える 919の市販車
 2014年、ポルシェは919ハイブリッドレーシングカーでル・マンおよび世界耐久選手権(WEC)のトップカテゴリーに復帰しました。極限の効率を目指して設計されたこのLMP1モデルは、ポルシェが製造した中で最も複雑なレーシングカーです。この車両は2リッター4気筒ターボエンジンと2系統のエネルギー回生システムを組み合わせ、未来の市販車の基本技術研究のプラットフォームの役割を果たします。

(ポルシェジャパン株式会社 プレスリリース)


クルマフォト

クルマ一覧を見る

©CTCC

©CTCC

©MAZDA

©SUBARU

©Ferrari

©PEUGEOT JAPON


©PEUGEOT JAPON

©PEUGEOT JAPON

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©Ferrari


クルマニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ