最新ニュース

米国仕様スバルWRX、2年連続10ベストエンジン選出

2015.12.14

 スバルがアメリカで販売している『スバルWRX』(米国仕様)に搭載されている“FA20型2リッター水平対向4気筒直噴ターボDITエンジン”が『ワーズ10ベストエンジン賞』に選出された。スバルのエンジンが同賞に選出されるのは2年連続5度目のこと。

 ワーズ10ベストエンジン賞はアメリカの自動車専門メディア“ワーズ”が開催している賞で、アメリカ国内で6万1000ドル(約737万円)以下で販売されている量販車のエンジンを出力やトルク、ドライバビリティ、燃費などさまざまな条件で評価するもの。今回は31のパワートレインがノミネートされていた。スバルは過去にも2003年、2009年、2012年、2014年に同賞へ選出されている。

 今回選出されたFA20型2リッター水平対向4気筒直噴ターボDITエンジンは高出力と高トルクでWRXならではの動力性能を発揮しながら、ガソリン1ガロンあたり28マイル(約3.7リッターあたり約45キロ)という高い環境性能も両立。この2点が評価され、ノミネートされた31のパワートレインのなかから選出された。

 今年のワーズ10ベストエンジン賞にはスバルのほか、シボレーのコルベット・スティングレイの6.2リッターV8エンジンや、フォルクスワーゲン・ゴルフの1.8リッター4気筒ターボエンジン、BMWの電気自動車i3の127kW電動モーターなどが選出されている。

(オートスポーツweb)


クルマフォト

クルマ一覧を見る

©CTCC

©CTCC

©MAZDA

©SUBARU

©Ferrari

©PEUGEOT JAPON


©PEUGEOT JAPON

©PEUGEOT JAPON

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©Ferrari


クルマニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ