最新ニュース

フェラーリ、FFの後継モデル『GTC4ルッソ』を公開

2016.03.03

photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


photo

©Ferrari

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 フェラーリは現在開催中のジュネーブモーターショーで、4シーター・コンセプトを再解釈した最新モデル『フェラーリGTC4ルッソ』を発表した。このGTC4ルッソは2011年に発表されたフェラーリFFの後継車にあたる。

 GTC4ルッソはピニンファリーナデザインの330GTCや205GTベルリネッタ・ルッソからネーミングを引き継いだモデル。搭載される排気量6262ccのV12自然吸気エンジンは690馬力を発揮し、最高時速は335km/h、0-100km/h加速は3.4秒と、このセグメントでは最もパワフルなフェラーリに仕上っている。また低回転域でのレスポンスも高くなっているため、都市部でも扱いやすさが向上したとしている。

 フロントには大型のグリルが採用されたため、冷却性能が向上しながら迫力ある印象に。リヤにはフェラーリ伝統のツイン・テールライトが採用されているほか、キール状のディフューザーも装着。改善された空力性能と新制御システムによって、雪道や濡れた路面など、グリップの低い状況でも高いドライバビリティを発揮するという。またエアロダイナミクスに配慮しながらも、乗員4名の快適性を考慮し十分な室内空間とゆとりあるラゲッジ・スペースも確保されている。

 そのほか、エアバッグの小型化に伴い、より小さなステアリングホイールが採用されているほか、インフォテイメント・システムにはiPadよりも大きな10.25インチのフルHDタッチスクリーンやApple製端末と連携するCarPlayも導入されている。

 フェラーリらしい外観や性能とこれまで以上の快適性を両立しているGTC4ロッソ。今回は発表されなかった価格などの情報も含め、続報が楽しみな1台と言えそうだ。

(オートスポーツweb)


クルマフォト

クルマ一覧を見る

©CTCC

©CTCC

©MAZDA

©SUBARU

©Ferrari

©PEUGEOT JAPON


©PEUGEOT JAPON

©PEUGEOT JAPON

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©Ferrari


クルマニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ