最新ニュース

フェラーリ、日本での50周年祝う記念ロゴ発表

2016.03.09

photo

©Ferrari

フォトギャラリー


フェラーリ 2016年は日本での50周年

週末に開催された「フェラーリ・レイシング・デイズ」で記念ロゴをお披露目

フェラーリ・ジャパンは、今週末に開催された「フェラーリ・レイシング・デイズ 鈴鹿2016 」の中で、2016年が日本での50周年という節目の年であることを発表し、50周年記念ロゴを正式に初めて発表しました。

日本政府が初めてフェラーリを公道車輌として認証したのが1966年、その最初の登録車輌はFerrari 275 GTBでした。

フェラーリ・レイシング・デイズのガラディナーでのスピーチで、フェラーリ・ジャパン代表取締役社長 リノ・デパオリは、「今夜、50周年記念ロゴを皆さまにお披露目できることを大変嬉しく思います。このロゴのデザイン・コンセプトは『魂と精神』で、フェラーリが日本という国と日本の人々との間に独自に確立してきた大切な関係が反映されています。」と述べました。

「魂」は日本文化の柱となる要素です。目で見ることはできませんが、日本の人々の心のなかには強い情熱、炎が赤く燃えています。日本人一人ひとりが持っている美しい「精神」は、シンプルかつパワフルなストロークで表現されています。

1,050cvのFXX Kが日本発走行を行った、今週末の「フェラーリ・レイシング・デイズ」を皮切りに、50周年を祝し、日本では今年いくつかの特別なイベントが予定されています。」11月10から14日にかけては、京都で「フェラーリ・インターナショナル・カヴァルケード」が開催されることが決定しています。

(フェラーリ・ジャパン プレスリリース)


クルマフォト

クルマ一覧を見る

©CTCC

©CTCC

©MAZDA

©SUBARU

©Ferrari

©PEUGEOT JAPON


©PEUGEOT JAPON

©PEUGEOT JAPON

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©SANS/ISO

©Ferrari


クルマニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ