最新ニュース

初公開! 来季GT500参戦のホンダHSV-010 GTがいよいよ登場

2009.12.22

 ホンダは22日、スーパーGT500クラスにNSX-GTの後継車としてデビューさせるニューマシン、HSV-010を初公開した。

 1997年にJGTCにデビューして以来、一貫してホンダのスーパーGT活動を支え続けてきたNSXに代わるニューマシンがいよいよそのベールを脱いだ。迫力のフロントマスク、小さなキャビンと、その姿はコンセプトカー、アキュラ・アドバンスド・コンセプトスポーツを彷彿とさせる。

 今回ホンダからは公開されなかったものの、今週木曜日に発売される週刊オートスポーツNo.1236にはサイドビューの写真が掲載されており、それを見るとまた特徴的なリヤウイング位置、エキゾーストを見ることができる。

 ホンダでは今回の発表に対し、「HSV-010 GTはモータースポーツの原点である『速さ』を徹底的に追求し、お客様に夢と感動を提供していきたいとの想いで開発されたレース専用車である。またJAFが定めた『2010年レギュレーション(排気量3.4リッター、V型8気筒、FRレイアウト等)』に準拠しており、JAF-GT500基本車両資格登録の承認を得ている』としている。

 また、気になるネーミングのHSVは、Honda Sports Velocity(Velocityは速さ、速度の意味)の略称であることが明らかにされた。すでにテストをスタートさせていると言われているHSV-010 GTがどんなカラーリングを纏い、そしてどんな走りをみせるのか今から開幕が待ち遠しいところだ。


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ