最新ニュース

スーパーGT第3戦富士:MJ SC430完勝! SC表彰台独占&カローラ初勝利で富士はトヨタ一色

2010.05.02

photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 スーパーGT第3戦富士は2日、5万人の大観衆が見守る中88周の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートしたMJ KRAFT SC430が完全勝利。2位にPETRONAS TOM'S SC430、3位にENEOS SC430が入りレクサスSC430が表彰台を独占。GT300クラスはCOROLLA Axio apr GTが初優勝を飾った。

 素晴らしい晴天に恵まれたスーパーGT第3戦富士。グランドスタンドはほとんどが埋まり、53,100人の大観衆が見守る中、14時にフォーメーションラップがスタートした。駆動系と思われるトラブルで予選4番手のMOTUL AUTECH GT-Rはピットスタートにも間に合わず。手痛い遅れを背負ってしまう。

 迎えたスタート。ポールシッターのMJ KRAFT SC430がスタートを決め、PETRONAS TOM'S SC430が続く。その後方では、5番手スタートのARTA HSV-010がインから会心のスタートを決め3番手に浮上! ENEOS SC430が4番手、ZENT CERUMO SC430が5番手に続く。

 MJ SC430は序盤から逃げをうちたいところだが、後方のPETRONAS SC430、ARTA HSV-010との差はなかなか広がらない。逆に、19周目にはその差は1秒に縮まり、SC430の2台による激しいトップ争いが展開されたが、いったんMJ KRAFT SC430がこれを退ける。

 上位陣の中で、最初にピットに向かったのは4番手のENEOS SC430。5番手のZENT CERUMO SC430は28周目、トップのMJ SC430は32周目に入り、いずれも4輪を交換している。一方、上位陣でややタイヤ交換を遅らせたのは2番手PETRONAS SC430と3番手ARTA HSV-010。PETRONASは35周目にピットイン。ARTA HSV-010は41周目にピットに向かうが、ZENTがARTAの前に出る結果に。各車1回目のピットを終えた後はSC430勢がトップ4を独占することとなった。

 レースはその後、トップのMJ KRAFT SC430を先頭にSC430勢が無難にピット作業を済ませ、上位を快走。ARTA HSV-010の接触、MOTUL AUTECH GT-Rがトラブルでストップ、RAYBRIG HSV-010がピットで時間がかかってしまうなど、ライバル勢がトラブルに見舞われていく中、完璧なレース運びを披露。MJ KRAFT SC430がトップで88周のチェッカーを受けた。

 2位にはPETRONAS TOM'S SC430、3位にENEOS SC430が入り、さらに4番手にZENT CERUMO SC430が入ったため、SC430が地元富士でトップ4を独占! 5位にはKEIHIN HSV-010が入った。

 GT300クラスは、スタート直後のコカコーラコーナーでHANKOOK PORSCHEの横に2番手スタートのZENT Porsche RSRが並びオーバーテイク! デビュー戦のZENT Porsche RSRが序盤のトップを快走する。序盤戦はトップの後方を走行するJAF GT車両にFIA GT車両が襲いかかり、ストレートでパスしていく富士ならではの光景が見られた。

 トップのZENT Porsche RSRだが、次第に2番手に浮上したtriple a Vantage GT2の接近を許すことになる。16周目のダンロップコーナーで、吉本大樹が土屋武士のインを突きトップに浮上! しかし、その後吉本はなかなかリードを築くことができず、2台にはHANKOOK PORSCHEのピットインで3番手に浮上したCOROLLA Axio apr GTが接近。COROLLA Axio apr GTは33周目に一気に2台をパスし、トップに立った。

 GT300クラスも上位陣は各車ピットのタイミングが分散したが、各車ストップを終えてみてトップに立ったのは木下みつひろから藤井誠暢に交代したHANKOOK PORSCHE。次いでCOROLLA Axio apr GT、ARTA Garaiyaと続くが、序盤トップを争ったZENT Porsche RSRはピットレーン速度違反で後退することとなってしまう。

 しかし、HANKOOK PORSCHEは藤井から影山正美に交代した46周目の最終コーナーでなんとスローダウン! これでCOROLLA Axio apr GTが再びトップへ。2番手にはARTA Garaiyaが続き、2回目のストップも難なくこなした2台は、終盤ARTA Garaiyaが詰め寄るもそのままワンツー! COROLLA Axio apr GTが初表彰台を嬉しい勝利で飾った。3位には前年チャンピオンウェッズスポーツIS350が着実なペースでポジションを上げていたが、終盤にtriple a Vantage GT2が逆転! 表彰台の一角を確保した。

(オートスポーツweb)


スーパーGT第3戦富士 決勝結果

天候:晴れ 路面:ドライ

Pos. No. Car Driver Tire Laps Grid SuperLap
GT500
1 35 MJ KRAFT SC430 石浦宏明/大嶋和也 BS 88 1 1'33"586
2 1 PETRONAS TOM'S SC430 脇阪寿一/A.ロッテラー BS 88 2 1'34"358
3 6 ENEOS SC430 伊藤大輔/B.ビルドハイム BS 88 3 1'34"537
4 38 ZENT CERUMO SC430 立川祐路/R.ライアン BS 88 6 1'34"831
5 17 KEIHIN HSV-010 金石年弘/塚越広大 BS 88 7 1'35"056
6 12 カルソニックIMPUL GT-R 松田次生/R.クインタレッリ BS 88 9 1'35"450
7 18 ウイダーHSV-010 小暮卓史/L.デュバル BS 88 12 1'35"924
8 24 HIS ADVAN KONDO GT-R J-P.デ・オリベイラ/安田裕信 YH 87 8 1'35"427
9 32 EPSON HSV-010 道上龍/中山友貴 DL 87 11 1'35"784
10 100 RAYBRIG HSV-010 伊沢拓也/山本尚貴 BS 87 13 1'36"211
11 8 ARTA HSV-010 R.ファーマン/井出有治 BS 62 5 1'34"669
以上 完走
R 23 MOTUL AUTECH GT-R 本山哲/B.トレルイエ MI 58 4 1'34"562
R 39 DENSO DUNLOP SARD SC430 A.クート/平手晃平 DL 43 10 1'35"465
GT300
1 74 COROLLA Axio apr GT 井口卓人/国本雄資 MI 81 3 1'43"428
2 43 ARTA Garaiya 新田守男/高木真一 MI 81 5 1'43"613
3 66 triple a Vantage GT2 松田秀士/吉本大樹 YH 81 4 1'43"575
4 19 ウェッズスポーツIS350 織戸学/片岡龍也 YH 81 9 1'44"340
5 3 HASEMI SPORT TOMICA Z 星野一樹/柳田真孝 YH 81 7 1'44"191
6 11 JIMGAINER DIXCEL DUNLOP F430 田中哲也/平中克幸 DL 81 8 No Time
7 25 ZENT Porsche RSR 土屋武士/都筑晶裕 YH 80 2 1'43"417
9 27 NAC衛生コムLMP Ferrari 山岸大/小泉洋史 YH 80 17 1'44"872
10 31 エヴァンゲリオンRT初号機aprカローラ 嵯峨宏紀/松浦孝亮 YH 80 14 1'44"585
11 26 CINECITTAタイサンポルシェ I.スシュコ/植田正幸 YH 80 13 1'44"577
8 7 M7 MUTIARA MOTORS雨宮SGC 7 谷口信輝/折目遼 YH 80 15 1'44"630
12 46 アップスタートMOLA Z 横溝直輝/阿部翼 YH 80 18 1'45"149
13 2 アップル・K-ONE・紫電 加藤寛規/濱口弘 YH 80 6 1'44"079
14 9 初音ミク×GSRポルシェ 番場琢/佐々木雅弘 HK 80 12 1'44"512
15 87 JLOCランボルギーニRG-3 井入宏之/坂本祐也 YH 80 16 1'44"630
16 86 JLOCランボルギーニRG-3 山西康司/関口雄飛 YH 80 10 1'44"414
17 88 リール ランボルギーニRG-3 余郷敦/細川慎弥 YH 80 19 1'45"332
18 5 マッハGOGOGO車検408R 玉中哲二/黒澤治樹 YH 78 11 1'44"494
19 666 BOMEX LIAN BOXSTER 山下潤一郎/宮本隆士/Takamori.com YH 78 23 1'46"511
20 51 Sabelt CINE CITTA'タイサンポルシェ 密山祥吾/坂本雄也 YH 59 21 1'46"011
以上 完走
R 33 HANKOOK PORSCHE 木下みつひろ/影山正美/藤井誠暢 HK 45 1 1'43"165
R 365 365 サンダーアジア MT900M M.チュウ/T.サグディン YH 40 24 1'47"817
R 62 R&D SPORT LEGACY B4 山野哲也/佐々木孝太 YH 27 20 1'45"464
R 360 石松Kosei RUNNUP PORSCHE 澤圭太/田中篤/松永まさひろ HK 1 22 1'46"419

●ファステストラップ
GT500:1'35"612 MJ KRAFT SC430(大嶋和也)
GT300:1'44"753 COROLLA Axio apr GT(井口卓人)

●ペナルティ
・No.32:2010 SUPER GT SpR 接触行為により注意喚起(黒白旗を提示)。
・No.7:第2ドライバー 反則スタートにより、ドライビングスルーペナルティを科した。
・No.25:第1ドライバー 本大会特別規則書第26条3.違反(ピットロード速度超過)により、ドライビングスルーペナルティを科した。
・No.26:第1ドライバー 国際モータースポーツ競技規則付則H項(青旗無視)違反により、罰金3万円のペナルティを科した。

SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ