最新ニュース

MOTUL勝利もS Roadが王座! 300はミクZ4が戴冠

2011.10.16

photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 スーパーGT第8戦ツインリンクもてぎは53周の決勝レースが行われ、予選5番手から追い上げたMOTUL AUTECH GT-Rが2連勝。しかし、S Road MOLA GT-Rが2位に入り、2011年のチャンピオンを獲得した。GT300クラスは優勝した初音ミク グッドスマイル BMWがチャンピオンを獲得している。

 朝は雨に見舞われ、ウエットとなったスーパーGT第8戦もてぎ。しかし、直後に雨は止み、お昼には強い陽差しがツインリンクもてぎに降り注いだ。14時のスタートを迎える頃には汗ばむほどの陽気となり、スタート直前のウォームアップでは全車がこの週末で初めてのスリックタイヤを装着している。

 迎えたスタートでは、ポールポジションのS Road MOLA GT-Rはトップを守ったものの、2番手のカルソニックIMPUL GT-Rが好スタート。DENSO SARD SC430をかわすが、DENSOは5周目に逆襲。2番手を奪還し、S Road、DENSO、カルソニックというトップ3に。3番手カルソニックの後方には4番手MOTUL AUTECH GT-Rが続く。逆転タイトルのために勝利が必要なMOTULは序盤からペースを上げていき、3番手カルソニックが9周を終えピットへ入ると、3番手に浮上してくる。

 トップのS Roadは序盤、ロニー・クインタレッリのドライブで順調にリードを広げ、2番手に8秒近い差をつけ29周目にピットへ。一方、その直後に3番手MOTULもピットに向かい、ピットイン直前にペースが上がっていなかったDENSO SARD SC430の前でコースに復帰することに成功。上位陣がピットを終えると、首位S Road、2番手MOTUL、3番手DENSOというポジションに変わる。

 2番手本山は前戦オートポリスでもみせたような素晴らしいペースで終盤戦に向けGT-Rに手綱を入れる。チャンピオンのためには勝利が大前提となる本山は、ジワジワとS Road柳田にプレッシャーをかけると、41周目のV字コーナーでGT300に詰まったスキをついてついにトップへ! これでS Roadは2番手へ。MOTULが優勝してもこのポジションでフィニッシュすればタイトルはS Road MOLA GT-Rのものだ。

 しかし残り10周を切ったあたりでS Roadのペースがにぶりはじめ、3番手DENSO、4番手EPSON HSV-010、さらに6番手ウイダーHSV-010までが数珠つなぎとなってしまう。しかし、S Roadは後方でRAYBRIG HSV-010とEPSON HSV-010同士のバトルが展開される中、盤石の走りを最後まで続けた。

 優勝はMOTUL AUTECH GT-Rで、オートポリスに続き2連勝となったものの、2位にS Road MOLA GT-Rがしっかりと入り、S Road MOLA GT-RがGT500参戦初年度で初のタイトルを獲得! 柳田、クインタレッリのふたりにとっても初王座となった。3位はDENSO SARD SC430が入り、過去2戦の雪辱を果たしている。

 GT300クラスは、ポールポジションから番場琢がスタートを担当した初音ミク グッドスマイル BMWが飛び出し、序盤からギャップを広げていく。2番手のJIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458はやや差を広げられR&D SPORT LEGACY B4のアタックにあい、5周目に2台のポジションは逆転。LEGACYは一気に初音ミクZ4に迫るが、10周を終えピットへ向かいポジションを落としてしまう。一方、LEGACYに代わってトップの2台に迫ってきたのは、ピットスタートを強いられたHANKOOK PORSCHE。タイトルの可能性こそないが、さすがランキング上位と思わせるハイペースで一気にポジションを上げ、3番手まで浮上してくる。

 タイトル争いの2台のうち、先に動いたのはJIMGAINER。18周目にピットへ向かい、田中哲也から平中克幸へ交代。一方、初音ミクBMWはJIMGAINERの翌周にピットへ。谷口信輝にステアリングを託しコースに戻っていく。

 トップ谷口は快調なペースで後半戦に向けて走っていくが、JIMGAINERは、ピットを終えたHANKOOK PORSCHEを前に置いてしまうことになってしまう。これで楽になった初音ミクZ4は、確実にフィニッシュまでBMW Z4 GT3を運び、トップでチェッカー! 2位にHANKOOK PORSCHE、3位にJIMGAINER DIXCEL DUNLOP 458という順位となり、この結果、初音ミク グッドスマイル BMWの谷口/番場組が逆転タイトル獲得! JGTC/スーパーGT参戦10年目で悲願のタイトルとなった谷口信輝は番場と涙の抱擁を交わした。

セッション結果表はこちらへ

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ