最新ニュース

ホンダ陣営が富士でテスト。雪の中4台が走り込む

2012.02.16

photo

©Shimpei Suzuki

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORT

フォトギャラリー


photo

©Shimpei Suzuki

フォトギャラリー


photo

©Shimpei Suzuki

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 2月15日から16日にかけて、富士スピードウェイでホンダHSV-010陣営がテストを実施。雪が舞う中でのテストとなったが、4台が周回を重ねた。

 15日から富士でスタートしたHSV-010陣営のテストは、15日は完全クローズで行われ、午前がウエット、午後がドライというコンディションに。16日は朝方小雪が舞っており、ドライバーが市販車でコースを確認。走行可能かを確かめた後セッションを開始したが、昼前にまた雪が降り始め、午後はずっと雪の中の走行となった。

 今回のテストには、先日岡山で単独テストしたEPSON NAKAJIMA RACINGの32号車をのぞくARTAの8号車、REAL RACINGの17号車、ウイダー ホンダ レーシングの18号車、チーム国光の100号車が参加。18号車、100号車がほぼ2012年仕様のパッケージ、17号車、8号車が一部が12年仕様での参加となったが、まだ12年仕様でも追加のパーツが用意されているようだ。

 ドライバーは、2月3日に発表された各チームのドライバーが参加。18号車はカルロ・バンダムが今季初のGT500ということもあり、積極的に周回を重ねHSV-010の感触をつかんだ。テストでは全体的にウエットが多かったためドライのデータは集められなかったものの、ウエットではタイヤを中心に多くのトライが重ねられた様子だ。

 16日についてはコースアウトやトラブルもなく無事テストは終了。2日間トータルでのトップタイムは、15日午後に100号車をドライブした伊沢拓也がマークした1分33秒台前半のタイムとなった。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ