最新ニュース

紫電、JAF GPを最後に“引退”。今後は車両売却

2012.11.06

photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


 スーパーGT300クラスに2006年から参戦を続けてきた紫電MC/RT-16が、11月16日〜18日に開催されるJAF Grand Prix FUJI SPRINT CUPを最後に正式に引退することが、レーシングカーデザイナーであり、紫電の生みの親とも言える由良拓也ムーンクラフト代表がFacebookで明らかにした。

 紫電MC/RT-16は、2006年のスーパーGT300クラス向けに開発された車両で、米グランダムシリーズに出場しているライリーシャシーをベースに、由良拓也がカウルをデザイン。トヨタ1UZ-FEエンジンを搭載し、GT300クラスに06年から参戦していた。過去に富士グランチャンピオンレース用に製作された“紫電”の名を受けつぐマシンとして、当初から高い注目を集めた。

 明らかにGTカーと言うよりプロトタイプカーに近いボディ形状で速さをみせた紫電は、ベルノ東海ドリーム28から高橋一穂/加藤寛規のコンビで参戦したが、2006年、07年ともに惜しくもランキング2位に。毎戦上位を争う存在としてGT300クラスでもお馴染みの存在となっていた。

 2011年からは、新たにエヴァンゲリオン初号機のカラーリングが施され“エヴァンゲリオンRT初号機アップル紫電”という車名に。しかし、レギュレーション上の制約もあり2011年、12年と勝利を飾ることはできず。さらに来季からレギュレーション上参戦ができなくなってしまうこともあり、事実上JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUPが最後のレースになると言われていた。

 そんな中、由良代表は自身のFacebook上で、JAF Grand Prix FUJI SPRINT CUPを最後に紫電が“引退”すると明らかに。また、ムーンクラフト製のiPhoneケースを販売しているmobilefun.jpのブログ(http://mobilefun.jp/blog/?p=2098)では、『ムーンクラフト紫電ラストラン! そして・・・』というタイトルで記事が投稿された。

 このブログの記事によれば、由良代表はこの紫電MC/RT-16を売りに出すとのこと。1UZ-FEエンジンを2基、さらにパーツ一式もついて販売するとのことで、「誰かお金持ちのレースマニアの方、世界に一台しかない紫電買いませんか?」という。

 グランダムもレギュレーションが変わった今、紫電MC/RT-16が出場できるカテゴリーはほぼ皆無だが、スーパーGTの歴史を支えてきた“名車”とも言える紫電。今後素晴らしいオーナーに出会うことを願いたいところだ。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ