最新ニュース

速さで掴んだ! スバルBRZがついにGT300初勝利

2013.08.18

photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


photo

©Katsuhiro Hara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 スーパーGT第5戦インターナショナル ポッカサッポロ1000kmは18日、173周の決勝レースのチェッカーを迎え、ポールポジションスタートのSUBARU BRZ R&D SPORTが、途中トラブルで順位を譲ることもあったものの逆転。嬉しいスバルBRZ GT300の初勝利を飾った。2位はGSR初音ミクBMWが入っている。

 序盤から盤石なレースを展開してきたSUBARU BRZ R&D SPORT。中盤以降、2番手以降に1分以上のマージンを築き、まったく危なげないレースで悲願の初勝利に向けて走行を続けていった。しかし127周目、井口卓人から佐々木孝太に交代し最後のルーティンストップを終えた後、思わぬアクシデントが降りかかる。

 ハイペースで走行を続けていたSUBARU BRZ R&D SPORTのリヤディフューザーが破損し、パーツがリヤタイヤをわずかに削るかのような光景がモニターに映し出される。R&D SPORTのピットでは、ペースが上がらない佐々木をピットに呼び戻すかの検討が始まった。


 一方その間、2番手に浮上してきたのはハイペースの5ストップ作戦を成功させてきたGSR初音ミクBMW。助っ人ヨルグ・ミューラーがレギュラーの谷口信輝、片岡龍也とともに作戦を完遂。上位を争っていたメルセデスベンツSLS勢の中でトップに立ったOKINAWA-IMP SLSを従えチェッカーを目指していた。

 140周目、R&D SPORTはついに佐々木をピットに呼び戻すことを決断する。ピットインしたSUBARU BRZ R&D SPORTは、わずかな給油とタイヤ交換、そして壊れたディフューザーを剥ぎ取り再びコースインした。しかし、その真横を通過していったのはGSR初音ミクBMW。性能調整に苦しみ、今季思うような結果を残せていなかったミクZ4が、ついにトップに躍り出た。

 しかし、他を圧倒するペースでここまで戦ってきたSUBARU BRZ R&D SPORTは、ジワジワとGSR初音ミクBMWとの差を詰めていくと、146周目についに逆転! 持ち前の速さでトップを奪還し、そのままチェッカーを受けた。2位にはGSR初音ミクBMWが入り、3位にはOKINAWA-IMP SLSが入り、BRZとOKINAWA SLSは今季初表彰台を獲得してみせた。SUBARU BRZ R&D SPORTの優勝は昨年の参戦開始以来初めてのことだ。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ