最新ニュース

SGTオートポリス:大クラッシュの岩崎にケガなし

2014.06.01

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


 1日、65周の決勝レースが行われたスーパーGT第3戦オートポリスで、43周目の周回中に1コーナーでコースアウト、ガードレールを超えるほどの大クラッシュを喫したIWASAKI apr GT-Rの岩崎祐貴だが、病院に搬送されたもののケガはなく元気だという。

 IWASAKI apr GT-RはスーパーGT第3戦オートポリスの決勝レースで、序盤から上位につける好走をみせ、スタートを務めていた影山正美から岩崎に交代。ポイント圏内を走行していた。

 しかし、43周目の1コーナーで突如白煙を上げたIWASAKI apr GT-Rは、まったく減速ができないまま1コーナーを直進。グラベルでも車両は停止せず、タイヤバリアにヒット。その衝撃かガードレールを飛び越え、フェンスにヒットした後サービスロードに落下。ようやく停止した。

 サーキット全体が凍り付くようなアクシデントで、すぐさまオフィシャルが駆け寄り岩崎の救出作業が行われた。しかし、停止した直後から無線でチームとも交信があり、岩崎は意識もしっかりしており幸いにも無傷だった。


 ただ、スーパーGTではアクシデントが発生していた際に、ドライバーに加わった衝撃を測定するGセンサーが全車に装着されており、そのGセンサーが働いていたため、岩崎には動かないようにという指示が。メディカルルームに運ばれた岩崎だが、その後検査のためドクターヘリで福岡県内の病院に運ばれたという。

 とは言え、ヘリの中でも岩崎は元気にしていたということで、「電話で話もしました。まったく心配入りません」とaprの金曽裕人代表。アクシデントの原因については現在調査中とのことだが、まずはひと安心というところだ。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ