最新ニュース

あの名車をイメージ。Studie Z4のカラーのヒミツ

2015.03.02

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©BMW Japan

フォトギャラリー


photo

©BMW Japan

フォトギャラリー


photo

©LAT

フォトギャラリー


photo

©BMW AG

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 2月26日、2015年のスーパーGT参戦体制を発表したBMW Sports Trophy Team Studie。今季もBMWジャパンの厚いサポートを受け、チャンピオンを命題としてシリーズに臨むことになるが、今季はマシンの装いも一新。このカラーはどんな意味合いがあるのだろうか?

 2014年シーズンから、BMWジャパンのサポートを受けスーパーGTに参戦しているBMW Sports Trophy Team Studie。BMWジャパンからのサポート内容には、ワークスドライバーのヨルグ・ミューラーの起用や技術サポート等多くの内容があるが、その中に『BMWモータースポーツからの車体のカラーリングデザインの提供』というものがある。

 それにより、14年のStudie BMW Z4にはおなじみのアルピンホワイトにブルー、ダークブルー、レッドのMカラーが配された。ただ、初年度のカラーリングはアメリカのBMW Z4 GTEでも使用されているような、定番と言えるノーズ、サイドにMストライプが入ったパターンだった。

 しかし27日に公開されたカラーリングは、ノーズからルーフにかけて大胆にMカラーが配され、さらにボンネットからサイドには流れるようなMストライプが。リヤタイヤ付近で大胆に折り返され、マシン下部に流れていく美しいものだ。


 実はこのカラーリング、チームを率いる鈴木康昭代表によれば、1970年代のツーリングカーレースで大活躍したBMW 3.0CSLや3.5CSLをイメージしたもの。カラーリングデザイン自体は日本で行ったものだが、当然BMWモータースポーツの承認を受けたもので、いわば“お墨付き”というわけだ。

「ドイツ本国もそうなんだけど、70年代のリバイバルカットなんです。今いちばん最新のMラインの入れ方ですね」と鈴木代表。こういった折り返す形でのサイドのラインは、昨年ブランパン・スプリントに参戦したROAL MotorsportのZ4もこのパターンで、さらに言えば昨年10月に公開されたBMW M6 GT3の初期のイラストにも、このパターンが描かれていた。

 昨年からチームを強力にサポートしてきたシュタイフやメンズクラブ等に加え、今季は新たにC.P.COMPANYやコーボルトのブランドで知られるフォアベルクなど、新たなスポンサーを迎えており、こちらもマシンに配されている。さらに、今季はBBSがホイールのサプライヤーに決定。CSLをイメージした、ゴールドのホイールを装着予定。第3戦からはBBSジャパン製の新作が装着されるという。

 日本のモータースポーツ界に、さまざまな新風を注ぎ込んでいるBMW Sports Trophy Team Studie。そのカラーリングの“意味”にもぜひご注目いただきたい。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ