最新ニュース

Porsche Team KTR、SGT第7戦で8位入賞を果たす

2015.11.02

photo

©Porsche Japan KK.

フォトギャラリー


2015年11月01日
プレスインフォメーション
スーパーGT GT300クラス: 第7戦 SUPER GT IN KYUSHU 300kmレース決勝

今シーズン2度目のポイントゲット Porsche Team KTRは8位入賞を果たす

 ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)は、KTRおよびエクセレンスインターナショナルと共にPorsche Team KTRとして参戦する2015年のスーパーGT GT300クラス第7戦(オートポリス)の決勝において8位でフィニッシュし、今シーズン2度目のポイント獲得という結果になりました。

 曇りのち雨という天気予報を裏付けるようにどんよりとした空模様の下、14時07分SUPER GT IN KYUSHU 300kmレースの決勝は開始された。土曜日の予選を19位というやや不本意な結果で終わったエクセレンス ポルシェGT3Rは、朝の公開練習で16番手のタイムを記録しており、さらにふたりのドライバーがほとんど変わりないラップタイムを刻んだことで、スタートを前にしたチームの期待は自然と高まっていた。

 スターティングドライバーは土曜日のQ1セッションを担当した坂本祐也。スタート直後の大きな混乱もなく、レースはスムーズに進んでいった。GT300上位車両のうち2台がピットスタートを余儀なくされたこともあり、エクセレンス ポルシェGT3Rはすぐさまポジションを16位に上げ、安定したペースを刻み続けた。

 トップの車両だけは1分45~6秒台という驚異的なペースで大幅なリードを築いていくが、それ以外は48~50秒台のペースを保っており、ちょっとしたミスやトラブルが大きな順位変動を招きかねない息詰まる展開が続いていた。GT500 クラス車両との混戦が始まるようになると、予想通りの軽い接触やトラブルが各所で発生し、ラップタイムモニター上の33号車の位置は20Lapで14、19Lapで13と着実にポジションを上げていった。

 Porsche Team KTRはタイヤライフを考え第1スティントを短めにし、早めのタイミングでタイヤ交換、給油、坂本から山下健太へのドライバーチェンジを行なうという計画で決勝に臨んでいたが、その計画を見直すことになったのは天候のせいだった。コース南側にあたる3~4コーナーあたりから滴り始めた小雨が次第にコース全体を黒く染め始めたため、ウェットタイヤへ交換する可能性を考えて第1スティントを可能な限り引き延ばすことになったのだ。65Lapで争われるレースの後半になっても雨の勢いはさほど強くはならず、GT300クラスの上位が50秒台のペースを保っていたこともあり、各チームともピットインのタイミングを図りかねていた。

 タイヤのコンディション劣化に伴うペースダウンに耐え切れなくなったチームを先頭に35Lapあたりから俄然ピットロードが慌ただしくなっていくが、エクセレンスポルシェGT3Rはそんな中もGT500クラスと絡みながらコンスタントに50秒台のペースを保ち続け、39Lap目にGT300クラスのほとんどが最初のピットインを済ませた時点で2番手まで順位を上げていた。 41ラップ目、ついにエクセレンス ポルシェGT3Rがピットに飛び込んだ。リアタイヤを交換し、給油とドライバーチェンジを済ませた時、ピットクルーがフロントタイヤへ手を伸ばす間もなく、スターターモーターが回された。

 フロントタイヤ無交換のまま決勝を走りきる決断が下されたのだ。山下がステアリングを握りコースに復帰した時点でのポジションは12番手。11番手を走る車両との差は1分弱あるものの、後続車両との差は数秒、フロントタイヤ無交換作戦が功を奏した。しかもその直後、トップを独走していた車両がタイヤトラブルでリタイヤに追い込まれたことでポジションは9位に上がり、さらに8番手を走っていた車両が56~57秒台までペースを落としたこともあって、山下はフロントタイヤを労りつつも、セミウェットコンディションの中、時には49秒台のタップタイムを記録するほどのペースで追い上げを始めた。

 すると上位を走っていた車両がマシーントラブルで緊急ピットインするという番狂わせもあってポジションは8位へ上昇。背後の車両との差は時には1秒以下まで縮まることもあったが、山下はポジションを死守し、最終的にGT300クラス8位でチェッカードフラッグを受けることになった。 Porsche Team KTRにとって2015年シーズンのスーパーGTクラス8位は2回目だが、前回の入賞はアレキサンドリ・インペラトーリが第1ドライバーを務めたシリーズ第3戦タイ戦だったため、レギュラードライバーである坂本祐也/山下健太コンビとしては嬉しい国内レースでの初ポイントゲット(3ポイント)となった。

 次戦スーパーGT ラウンド8(最終戦)、“MOTEGI GT 250km”は11月14~15日に栃木県のツインリンクもてぎで開催される予定です。

(ポルシェジャパン株式会社 プレスリリース)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ