最新ニュース

RQチーム愛測定:team TSUCHIYA編(GT300)

2015.12.09

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


『分かりやすい性格。The B型!?』

 2015シーズン終盤に突如として立ち上がったこの企画『レースクイーンのチーム愛測定』。チームの広告塔として、ここまで多くのファンにPRを繰り返してきたレースクイーンたちのチームに対する愛情を本web担当者が勝手に測定しウエイトに換算します。今回標的にされたチームはこちら。

VivaC team TSUCHIYA
25号車
VivaC 86 MC
ドライバー:
土屋武士
松井孝允

レースクイーン:Vivacious GIRLS
高家望愛
森紗羅
藤井みのり

 スーパーGT300クラスに参戦しているゼッケン25 VivaC team TSUCHIYA。2015シーズンから導入され、今シーズン参戦している4台のマザーシャシーの中でランキング最上位となる10位を獲得。ドライバーは土屋武士と松井孝允が勤め、第3戦タイでは初ポールポジション、第6戦のSUGOでは初優勝を挙げ注目度の高いチームだ。

 そんなチームのレースクイーンは、高家望愛さんと森紗羅さん藤井みのりさんの3名。彼女たちに、ドライバーのこと、チームについていろいろと直撃。それではさっそく計測していきましょう!

* * * * *

―――チームはどんな雰囲気ですか?
藤井みのり
「チーム全体が家族みたいですね。私たちが娘で、土屋春雄監督がお父さん、土屋武士選手がお兄ちゃん、松井孝允選手が弟というような感じです。間違っていたら注意するからと、私たちは結構自由にやらせて頂いていています。失敗をして怒られたとしても、叱り方に“愛”を感じますね。チームテーマに『人を育てる』というのを掲げていて、今年スーパーGTに初参戦の松井選手のこともそうですけど、私たちのことも育ててくれている気がします。とにかくいろいろなことを教えてくれます」

高家望愛
「チームスタッフは、いい意味で見た目も中身もアクが強いです(笑)。仕事を楽しんでしているというのが凄く伝わってきて、私たちも一緒に仕事していて楽しいですね」

―――土屋武士選手、松井孝允選手はどんな選手ですか?
森紗羅
「土屋武士選手はとにかく熱い人。チームの事をなんでもやっていて、現場を仕切れるし、裏方もできるので凄い人ですね。私たちにとっては、お兄ちゃんのような存在でもあって仕事以外のプライベートな相談もしています(笑)」

藤井みのり
「また、カラオケが好きで時間があるとチームのみなさんと歌いに行くことがあります。武士さんは、ゆずの“栄光の架け橋”とか歌ってくれますけど、それが雰囲気とマッチしていて凄く心に響きますね」

 続いて松井選手についてお願いします。

森紗羅
「松井孝允選手は、最近色気が出てきた気がします。開幕当初は弟みたいな存在で“孝允頑張んなよー”みたいな感じで接していました。けど、ここ最近は男っぷりが急上昇して、孝允さん・孝允選手って呼ぶようになりました。また、上から目線っぽくなってしまいますが、チームの中では一番成長したなという印象です」

藤井みのり
「頼れる感は出てきていますが、基本は天然ですね(笑)。自分で気づいていないみたいですが、タイムが良いと鼻歌を歌っていたりします。あと興味がある・ないは、分かりやすいですね。興味のない話題だと話は何も膨らみません……。また、武士さんもですけどTHE B型って感じですね。実は監督もB型で、このチームはB型だらけです(笑)」


―――レースウイーク中のこだわりはありますか?
藤井みのり
「各セッションで必ずドライバーの見送りはするように心がけてます。“いってらっしゃい”と“お帰り”はちゃんとしたいと思っています」

 一通りの取材を終えて、締めのコメントを頂こうとしたところ、「監督については大丈夫ですか?」……と3人からリクエスト。急遽、土屋春雄監督についても語って頂きました。

―――番外編。土屋春雄監督はどんな人ですか?
高家望愛
「春雄監督のことは、パパや、海賊と呼ぶことがたまにあります(笑)。なぜ、海賊なのかというと、お酒が好きというのが理由です。それもアルコール度数の高い40度以上じゃないとダメですね。もし、差し入れしてくれるなら、アルコール度数の高いお酒をお願いします(笑)」

高家望愛
「その他、(武士さんとの)親子喧嘩を見る機会も多いです。気付くとふたりでバトルになっているなんてことも……。この前も居酒屋でご飯を食べている時に親子喧嘩が始まって、その時バックに演歌が流れてきていい感じに演出していました(笑)。でも、そんな喧嘩がたえないふたりですが、鈴鹿1000kmの時、武士さんがフラフラになりながらクルマから降りてくると、監督がすかさず武士さんを支える場面がありました。その姿が監督を超えて、お父さんの一面を見た気がします」

森紗羅
「時間がいくらあっても足りないくらい春雄パパのネタはいっぱいありますよ!! 短時間では語り尽くせないので、次回は居酒屋でお願いします」と、言うことなので、本当に短くまとめて頂きました。

* * * * *

 どうでしたか? 第三回目はVivacious GIRLSの皆さんに直撃しました。始めは様子を伺いながら話をする感じでしたが、喋り始めてしまうといろいろな話題が出てきてネタが尽きない感じに、全てを聞くには少し足りなったようです……。また、チーム全体がひとつの家族のような感じも印象的でした。

 ということで、様々な要素を加味した彼女たちのチーム愛は……
チーム愛ウエイト:98.25kg(※)
※ウエイト100kgを最高値として編集者が緻密な計算をして算出しております。
※今回、唯一のGT300クラスのレースクイーンということで特認扱いでのウエイトを算出しました。

 突如として始まったこの企画も、次回は最終回。標的はどのチームになるのか? お楽しみに。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ