最新ニュース

GAINER、今季体制を発表。11号車にAMG GT3使用

2016.02.02

photo

©Daimler

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


photo

©Takashi Ogasawara

フォトギャラリー


他の写真も表示 全3枚最初の1枚

 スーパーGT300クラスに参戦するGAINERは、2016年の参戦体制を発表した。今季は新たにメルセデスAMG GT3を11号車として投入。チャンピオンを獲得したニッサンGT-RニスモGT3との2台体制でシーズンへ挑む。

 GT300クラスで例年タイトル争いを繰り広げるトップチームのひとつで、昨年は10号車GAINER TANAX GT-Rが2勝を挙げるなど安定した成績を重ね、最終戦を待たずしてWタイトルを獲得したGAINER。シリーズ2連覇をかけて戦う16年シーズンも2台体制を継続することとなった。

 チャンピオンを獲得した10号車は、ゼッケンを王者の証である“0”に変更。マシンは引き続きニッサンGT-R GT3を使用する。エースカーである11号車は、昨年までのメルセデスSLS AMG GT3から、今季から新たに登場するメルセデスの新型FIA-GT3マシン、メルセデスAMG GT3にスイッチすることとなった。AMG GT3の使用を明らかにしたのはGOODSMILE RACING & Team UKYOに続き2チーム目となる。

 ドライバーに関しては、今年でコンビ結成4年目を迎える平中克幸、ビヨン・ビルドハイムが11号車をドライブする。10号車については現時点でTBN(後日発表)とされているが、2月中に実施されるとみられるニスモの体制発表と同じタイミングで発表される。

 タイヤは2台とも引き続きダンロップを装着するほか、メインスポンサーも昨年に続きTANAXが就任。エンジンチューナーは0号車がニスモ、11号車はHWAが務める。昨年に続き強力な体制を敷いたGAINERは、2年連続チャンピオン獲得に向け万全の体制で臨むことになる。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ