最新ニュース

ホンダ、GT500参戦体制発表。ハイブリッド非搭載に

2016.02.12

photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


photo

©AUTOSPORTweb

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 ホンダは12日、東京・青山で2016年の国内モータースポーツ活動発表会を開催し、スーパーGT500クラスへの参戦体制を明らかにした。今季も5台のNSXコンセプト-GTを投入するが、これまで搭載されてきたハイブリッドシステムは非搭載となる。また、ホンダのエース格である小暮卓史がチームを移籍している。

 2014年シーズンからNSXコンセプト-GTを投入しているホンダ陣営。昨年は第6戦SUGOでRAYBRIG NSX CONCEPT-GTが優勝し、最終戦までチャンピオンの座をかけて争ったものの、王座獲得はならなかった。今シーズンも5台のNSXコンセプト-GTを投入し王座獲得を目指していくが、マシンのパワートレインと2チームのドライバーに変更が加えられている。

 ホンダはNSXコンセプト-GTを初投入した14年シーズンから、マシンにハイブリッドシステムを搭載していたが、今季はパワートレインコンセプトの見直しを実施。その結果、今季はハイブリッドシステムを下ろし、2リッター直列4気筒直噴ターボエンジンのみの非ハイブリットマシンとして戦うこととなった。

 ドライバーラインアップでは、昨シーズン、道上龍監督率いるDrago Modulo Honda Racingの一員として戦った小暮と、KEIHIN REAL RACINGの武藤英紀が入れ替わる形で移籍。小暮は塚越広大と、武藤はオリバー・ターベイとコンビを組むこととなった。

 そのほかのAUTOBACS RACING TEAM AGURIとNAKAJIMA RACING、TEAM KUNIMITSUの3台にはラインアップ変更はなく、不動のコンビネーションで上位進出、そして王座獲得を目指すこととなる。

 ホンダの松本雅彦GTプロジェクトリーダーはハイブリッドシステム非搭載を選択した理由について「昨年、バッテリーサプライヤーから供給が難しいとの連絡がありました。バッテリーを自ら開発するという選択肢も検討したが、期間や費用などの面から断念しました」と語っている。

(オートスポーツweb)


ホンダGT500クラス チーム/ドライバー体制

No Team Driver Tyre
8 AUTOBACS RACING TEAM AGURI 松浦孝亮/野尻智紀 BS
15 Drago Modulo Honda Racing 武藤英紀/オリバー・ターベイ BS
17 KEIHIN REAL RACING 塚越広大/小暮卓史 BS
64 NAKAJIMA RACING 中嶋大祐/ベルトラン・バゲット DL
100 TEAM KUNIMITSU 山本尚貴/伊沢拓也 BS

SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ