最新ニュース

LEON RACINGが今季体制発表。AMG GT3を投入

2016.02.25

photo

©K2 R&D LEON RACING

フォトギャラリー


photo

©K2 R&D LEON RACING

フォトギャラリー


他の写真も表示 全2枚最初の1枚

 スーパーGT300クラスに参戦するK2 R&D LEON RACINGは25日、2016年の参戦体制を発表した。今季はチーム名を変更するとともに、メルセデスの新型FIA-GT3マシン、メルセデスAMG GT3にマシンをスイッチ。黒澤治樹/蒲生尚弥のコンビで2016年シーズンへ挑む。

 今年でGT参戦4年目となるLEON RACING。昨シーズンは全戦完走を達成したほか、第4戦富士では2位表彰台を獲得したものの、惜しくも初優勝には届かず。今季は悲願の初勝利、そしてタイトル獲得を目指していくことになる。

 16年シーズンに向けて、チームはマシンをメルセデスSLS AMG GT3から新型マシンとなるAMG GTへスイッチすることとなった。また、昨年からパートナーシップを結んでいるスイス製高級腕時計ブランドのクストスとの関係が強化され、車両名が『LEON CVSTOS AMG-GT』となったほか、チーム名に車両メンテナンスを担当するK2 R&Dの名前が加わり『K2 R&D LEON RACING』に変更されている。

 加えて、昨年までは遠藤大介チームオーナーが監督も兼任していたが、今シーズンはこれまでチームのチーフエンジニアを務めていた溝田唯司氏が監督に就任している。そのほか黒澤/蒲生というドライバーラインアップやヨコハマタイヤの使用、車両メンテナンスといった陣容は変わっていない。

 また、今季のカラーリングについても発表された。今年のカラーリングも、昨年までのブラックをベースに、ボンネットやリアウイングをはじめとする各所にクストスのロゴが入れられている。また、マシンのリヤに腕時計のムーブメントをイメージしたイラストがあしらわれ、よりスタイリッシュな印象を感じさせるものとなった。

 チームはすでに、AMG GTのシェイクダウンを済ませているとの情報もあるほか、同じくAMG GTを使用するGAINERやGOODSMILE RACING with Team UKYOといったライバルチームも、シェイクダウンやテスト走行を重ねており、タイムも上々との声も聞かれている。昨年以上に激戦を感じさせるGT300クラスで、K2 R&D LEON RACINGは活躍が楽しみな1チームと言えそうだ。

(オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ