最新ニュース

柿元総監督退任「幸せな人生だったと思います」

2016.02.28

photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 2月28日、横浜の日産自動車グローバル本社ギャラリーで開催された2016年ニッサンモータースポーツ活動計画発表会の会場で、長年スーパーGTでニッサン系チームの総監督を務めてきた、柿元邦彦氏がファンの前で退任のあいさつを行った。

 柿元前総監督は、1945年8月17日鹿児島県生まれ。1968年に鹿児島大学工学部を卒業し、日産自動車に入社し特殊車両実験部に配属。レース、ラリー用エンジン・シャシーの開発に従事し、ニッサンの初期のモータースポーツ活動に携わった。1984年には創設されたばかりのニスモに出向。ニッサンのル・マン24時間初挑戦に監督として携わったほか、90年代後半のR390/R391の挑戦でも、総監督を務めている。

 2001年からはJGTC全日本GT選手権でニスモのチーム監督等を務め、04年からはスーパーGTのニッサン系チーム総監督という立場に。GT500クラスでニッサン系チームをたばね、チーム体制を構築し、戦略を組み立て、2015年まで12ものドライバーやチームのタイトルをニッサンにもたらしていた。また、2008年には東海大学の動力機械工学科教授にも就任。教鞭もとった。

 26日、ニッサン/ニスモは柿元氏が退任し、2016年から田中利和新総監督が就任すると発表した。それをうけて開催された28日の発表会では、GT500クラスのドライバー、チーム監督が登壇した後に、柿元氏が登場。ニスモの宮谷正一社長から「柿元さんにはスーパーGT500クラスの総監督として、2004年からやってもらっていました。数えると12のシリーズタイトルをニッサン/ニスモにもたらしてくれました。大変ありがたく思っています」と紹介された。

 それをうけ柿元氏は「ただいま、過分なお褒めの言葉とともにご紹介いただきました、総監督を退任いたします柿元です。長い間大変ありがとうございました」と集まった多くのファンに、あいさつを行った。以下に全文をご紹介しよう。


******

「今日まで来られたのは、ニスモの上司や同僚、また部下の人たちの献身的な協力があったおかげでございます」

「また、星野(一義)さんや近藤(真彦)さん、大駅(俊臣)さん、各ドライバーの人たちに、私が総監督の立場を利用してムチャクチャな、理不尽ないろんな要求をしたわけですが、それに良く耐えていただいたおかげです。この場を借りて皆さんにお礼を申し上げたいと思います」

「私はスーパーGTの総監督としては12年ですが、ニッサン時代を含めますと、48年間に渡ってモータースポーツに関わってきました。それにはラリーとか、ル・マン24時間レースも含まれています。そういう私自身の長いモータースポーツの歴史も、今回ピリオドを打つということになります」

「ニッサン/ニスモのモータースポーツというのは、永遠に、永遠でなければなりません。そういう意味で、今回田中新総監督に無事に引き継ぐことができて、大変、心からホッとしている次第でございます。また、個人的にも『やり切った』という感があります」

「エキサイティングで、スリリングなモータースポーツというもので私の人生の大半を過ごしてきました。そういう意味では、大変幸せな人生だったと思います。まだこれから、サーキットにはまいります。その時、皆さんとともにニッサン/ニスモを応援し、また皆さんにもっともっとモータースポーツが好きになってもらえるようにがんばっていきたいと思います」

「今日はありがとうございます。これからもよろしくお願いします!」

******


 その後、「僕はニスモに入ってから、ずっと柿元さんのもとでいろいろ成長させていただきました。その中で柿元さんに、何度か強く叱られたこともあります。そういうことが自分の成長に、非常に大切なことだったと思っています」という本山哲から柿元氏は花束を渡されると、おなじみの柔らかな笑顔を浮かべた。

「怒られた時には納得いかないこともあったんですが(苦笑)、そうやって親身になって怒ってくれる存在はすごく大事だと思います。本当に感謝しています。厳しくもあるんですが、ニッサン全体を見てくれたことにドライバー、チームを代表して感謝したいと思います」と本山。

 今後、柿元氏は「スーパーGTのサーキットに柿元さんがいないということはちょっと考えられないので、ニッサン/ニスモのアンバサダーとして、今度はレース戦略というよりも、それを解説する“口のほう”で活躍してもらおうと思っています(ニスモ宮谷社長)」と、アンバサダーとしてモータースポーツに携わっていくことになる。

 集まったファンからは「ありがとう!」の声が飛び、田中新総監督をはじめとしたニッサンチームのメンバーから拍手で送られ第一線を退いた柿元氏。今後の“新たな立場”での活躍も大いに期待したいところだ。

(Ryuji Hirano / オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ