最新ニュース

BMW Team Studie発進! 荒&ミューラー組継続

2016.03.03

photo

©Tomohiro Yoshita

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 3日、スーパーGT300クラスにBMW M6 GT3で挑戦するBMW Team Studieが体制発表会を行い、今季もヨルグ・ミューラー/荒聖治のコンビで参戦すると発表した。

 2014年からBMWジャパンとのパートナーシップを結び『BMW Sports Trophy Team Studie』としてスーパーGTに挑戦してきたスタディ。今季、大きな変更としてすでにテストを行っている新GT3カー、BMW M6 GT3へのマシン変更があるが、3日そのカラーリングに加えチーム名の変更も明らかにされた。

 今回発表された『BMW Team Studie』という名称には、実は大きな意味がある。近年欧州メーカーのモータースポーツ活動では、名称やロゴの使用には制限がある。これまで『BMW Team ──』というチーム名称の使い方は、BMW M4を使うDTMや、アメリカでM6 GTLMを走らせるRLLなど、BWMモータースポーツが直接活動に携わるワークスチームしか許されていなかった。

 しかし、今年からBMWモータースポーツ内での方針の変更もあり、同様にインポーターからサポートを受けるオーストラリアGT出場のBMW Team SRM、そして日本のBMW Team Studieが『BMW Team ──』という名称をGT3チームとして使用できることになった。まさに“ワークス格”とも言える名称変更は、スーパーGTに対するBMWからの力の入れ具合を表していると言えるだろう。

 また、マシンカラーリングはかつてのBMW M1や、グループA時代のM3を彷彿とさせるナナメにMストライプが入ったカラーリングに変更された。「BMWの100周年で過去をオマージュさせるものを使いたかったし、毎年どこかで必ずこのストライプを使ってくる。M6でもどこかで使われるはずなので、最初にやりたかった」という鈴木康昭代表の願いがドイツ本国にとおった形だ。


 そんなBMW Team StudieのM6 GT3をドライブするのは、今シーズンもBMWワークスドライバーで、M6 GT3の開発も務めたヨルグ・ミューラーと、荒聖治のコンビとなる。ミューラーの起用やカラーリングデザインなどは、今年もBMWジャパンとのコラボレーションによるサポートとなっている。

 今季はさらに、スポンサーとメンテナンスも変更となった。スポンサーには、これまでもメインスポンサーとしてチームを支えていたシュタイフに加え、「ダブルメインスポンサー」として、女性に大人気のソープやバスソルトを扱うブランド、サボンが就いた。チームのレースクイーンはサボンとの企画により『MUSE(ミューズ)』という名の今までとはひと味違うユニットになるという。

 メンテナンスチームは、これまでRSファインが手がけていたが、今年からは新たに高根裕一郎エンジニアが率いるアイフェルモータースポーツが担当することになった。高根エンジニアは、鈴木代表がコックスに在籍している時代からの盟友で、ノバ・エンジニアリングにも在籍した経験をもっている。

「マシンがMモデルであるM6になったことで、より一層プロモーションにも使っていきたい」とペーター・クロンシュナーブル社長も期待をかける。BMW100周年、そしてM6のデビューイヤーに、チームは悲願の初勝利、そしてチャンピオンを目指していく。

(Ryuji Hirano / オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ