最新ニュース

富士で3台のGT300マシンがテスト。順調な仕上がり

2016.03.05

photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 3月5日、富士スピードウェイでスーパーGT300クラスに参戦する3台のマシンがシェイクダウンおよびテスト走行を行った。

 まだ朝日がまぶしい7時30分からスタートしたこの日の富士スピードウェイのスポーツ走行。一般の参加者に混じって、3台のGT300マシンがテストを行った。1台はJAF-GT車両のTOYOTA PRIUS apr GTの30号車。残り2台はFIA-GT3マシンで、先日今季の体制発表会を行ったばかりのBMW Team StudieのBMW M6 GT3、そしてディレクション・レーシングが持ち込んだランボルギーニ・ウラカンGT3だ。

 TOYOTA PRIUS apr GTの30号車は、すでに先行してテストを行っている31号車に続くZVW5#型ボディの2号機。31号車とはタイヤ銘柄と、蓄電装置が31号車がキャパシタ、30号車がバッテリーという違いはあるが、それ以外は同じ。4日から2日連続でのテストとなっており、初日は佐々木孝太がシェイクダウンを担当。今季スーパーGTにデビューする永井宏明も2日目にドライブした。金曽裕人代表いわく「31号車も30号車も、すごく順調」とトラブルフリーでテストを終えている。

 一方、Studie BMW M6は体制発表会でお披露目された新たなMストライプのカラーリングをまとって走行。2月22日に行われたシェイクダウンテストに続き、シェイクダウン用のマッピングでの走行となったが、それでもペースは快調で、シャープなコーナリングをみせた。


 この日がシェイクダウンとなったのは、ディレクション・レーシングのウラカン。29日にはすでにJLOCがウラカンGT3を富士で走らせているが、ディレクションの車両はカーボンブラックのまま登場。コースイン直後はチェックのためにピットイン〜アウトを繰り返したが、すぐに回転数を上げ、ペースアップした。

 ディレクション・レーシングのウラカンのステアリングを握ったのは、昨年もチームに所属した横溝直輝と、ランボルギーニのワンメイクレースであるスーパートロフェオで、昨年ランボルギーニの育成ドライバーとしてレース復帰を果たしたケイ・コッツォリーノのふたり。特にコッツォリーノはウラカンGT3の開発にも携わっており、最初にステアリングを任されている。

 この日の走行は7時30分からと8時50分から、10時20分からと3本の枠が用意されており、午前中のみで終了。2本目には永井のプリウスが1コーナーでスピンするシーンもあったが、これはあえてリヤタイヤだけニュータイヤを組んだタイヤを履かせ、フィーリングの違いを確かめるために行ったものだとか。つまり、ドライバーの習熟を進めるメニューをこなすほどテストは順調だったと言える。

 Studie BMW M6もコースアウトするシーンがあったが、こちらも損傷はなし。まだバランス・オブ・パフォーマンスが定まっていないためストレートスピードやパワーなど正確な戦力差は別たないが、今季のGT300クラスは新車多数と言えど、いずれも開幕から高い戦闘力をみせつけそうな気配だ。

(Ryuji Hirano / オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ