最新ニュース

UPGARAGE BANDOH、山田を起用し2年目の挑戦へ

2016.03.08

photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


 スーパーGT300クラスに参戦するTEAM UPGARAGE with BANDOHは8日、2016年の参戦体制をホームページ上で発表した。今季もトヨタ86マザーシャシーを使用し、昨年からチームを牽引する中山友貴に加え、ルーキーの山田真之亮を起用する。

 TEAM UPGARAGE with BANDOHは、積極的にモータースポーツ活動を行う中古アフターパーツのアップガレージと、レーシングプロジェクトバンドウがコラボする形で2015年からGT300に参戦。初年度は中山を中心にさまざまなドライバーを起用し、86ボディのGT300マザーシャシーで参戦したが、信頼性に苦しむシーズンを送った。

 2年目の挑戦に向けチームは、石田誠代表兼監督が「初年度の経験を活かし、総合的な力をもった勝てるチーム体制を作り上げます」と語るように中山を残留させ、86MCも継続使用する。メンテナンスもレーシングプロジェクトバンドウとRS中春という体制は変わらない。

 一方で、中山のチームメイトにはフレッシュなドライバーが起用されることになった。Bドライバーに決まったのは、弱冠24歳の山田真之亮だ。山田は昨年FIA-F4に参戦し、ランキング4位を獲得。オートポリスでの第12戦では優勝も飾っている。

「FIA-F4からドライバーを選択したいと思い、山田選手を起用することにしました。若いドライバーに夢を与え、新しいヒーローを誕生させるのも今のモータースポーツには必要だと考えています」と坂東正敬総監督は山田起用の理由を語る。

「今年はマザーシャシーのトラブルもほぼ解決し、さらなるレベルアップパーツを投入し、かなりのアップデートをシーズンオフにしました。今年はとても面白いシーズンになると思いますので、今からワクワクしています」

 特にツイスティなサーキットを中心に、86マザーシャシーに高いポテンシャルがあるのは昨年実証された。「まずは1勝をあげること」と石田監督も気合が入っている様子だ。

TEAM UPGARAGE with BANDOH
2016年スーパーGT参戦体制

参戦マシン:86(GTA マザーシャーシ)
エントラント代表兼監督:石田 誠
総監督:坂東正敬
ドライバー:中山友貴/山田真之亮
マシン名称:UPGARAGE BANDOH 86
カーナンバー:18
タイヤメーカー:横浜ゴム
車両メンテナンス:株式会社レーシングプロジェクトバンドウ RS中春

(Ryuji Hirano / オートスポーツweb)


SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ