最新ニュース

SGT鈴鹿メーカーテスト:2日目午前もRAYBRIG最速

2016.03.11

photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


photo

©Ryuji Hirano

フォトギャラリー


他の写真も表示 全5枚最初の1枚

 3月10日から行われているスーパーGTの鈴鹿メーカーテストは、11日に2日目午前の走行が行われ、1日目午前/午後に続きRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがベストタイムをマークしている。

 初日は薄曇りで、かなり冷え込んだ鈴鹿サーキットだったが、2日目となった11日は朝から爽やかな晴天となった。時折強めの風は吹くが、絶好のテスト日和となった。この日は前日トラブルに見舞われサーキットを後にしたグッドスマイル 初音ミク AMGをのぞく10台が参加している。

 GT500クラスでは、この日もRAYBRIG NSX CONCEPT-GTがクイックなコーナリングを披露し1分46秒224というベストタイムをマークした。周回数も精力的に重ねており、最多となる46周を走破している。2番手となったのはフォーラムエンジニアリングADVAN GT-Rだったが、9周しかこなせていない。また、5番手となったKEIHIN NSX CONCEPT-GTも11周の周回に留まった。

 GT300クラスはJLOCの88号車ランボルギーニ・ウラカンGT3がベストタイムをマーク。2番手はUPGARAGE BANDOH 86となった。GT3勢はまだ性能調整が発表されていない段階だが、特にウラカンはストレートスピードが驚異的に速い。サーキットのスピードトラップでは260km/h前後がマークされており、GT500に迫ろうかというスピードとなっている。

【2日目午前セッション終了時の最高速】

 一方、マザーシャシーを含むJAF-GT勢はGT3勢に比べて直線がかなり苦しい状況が見て取れる。性能調整がどうなるか次第だが、今年も直線のGT3、コーナリングのJAF-GTという構図になるかもしれない。

(Ryuji Hirano / オートスポーツweb)


2016 スーパーGT鈴鹿メーカーテスト 3/11 AMタイム

Pos Class No Car Name Time
1 GT500 100 RAYBRIG NSX CONCEPT-GT 1'46"224
2 GT500 24 フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R 1'46"520
3 GT500 15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT 1'46"535
4 GT500 19 WedsSport ADVAN RC F 1'46"758
5 GT500 17 KEIHIN NSX CONCEPT-GT 1'47"036
6 GT300 88 マネパ ランボルギーニ GT3 1'56"417
7 GT300 18 UPGARAGE BANDOH 86 1'56"477
8 GT300 63 DIRECTION RACING 1'57"307
9 GT300 7 Studie BMW M6 1'57"583
10 GT300 30 TOYOTA PRIUS apr GT 2'00"498
GT300 4 グッドスマイル 初音ミク AMG No Time
GT300 87 triple a ランボルギーニ GT3 No Time

SUPER GTフォト

SUPER GT一覧を見る

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©LEXUS TEAM ZENT CERUMO

©Takashi Ogasawara

©Takashi Ogasawara

©Ryuji Hirano


©Ryuji Hirano

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©LEXUS TEAM SARD

©PACIFIC RACING TEAM

©SARD


SUPER GTニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ