最新ニュース

WRCアクロポリス・デイ1:ラトバラのコースアウトでヒルボネンが首位に

2009.06.13

photo

©Keisuke Koga

フォトギャラリー


photo

©Keisuke Koga

フォトギャラリー


photo

©Keisuke Koga

フォトギャラリー


photo

©Keisuke Koga

フォトギャラリー


他の写真も表示 全4枚最初の1枚

 WRC第7戦アクロポリス・ラリーのデイ1が6月12日(金)に行われた。5本のSSを戦いトップに立ったのはミッコ・ヒルボネン(フォード・フォーカスRS WRC)、2位は3秒差でダニエル・ソルド(シトロエンC4 WRC)、3位はソルドから18秒1遅れでセバスチャン・ローブ(シトロエンC4 WRC)という順位に。SS5まで首位を守っていたヤリ-マーティ・ラトバラ(フォード・フォーカスRS WRC)は最終のSS6でコースアウト、大幅に遅れて11位に順位を下げた。

 午後の強烈な日差しがギリシアの荒れた路面を焼く。伝統のアクロポリス・ラリーは今年ホストタウンペロポネソス半島との境目、ルートラキに移して開幕を迎えた。観光の名所であるコリントス運河で11日(木)にセレモニアルスタートが開催されラリーはスタート。そしてデイ1として12日(金)にキャンセルされたSS3を除く計5本のSSが行われ、6番手スタートのラトバラがSS1から5までリードを保った。しかしラトバラはSS6でコースアウトし、復帰に3分以上を要して優勝戦線から脱落、代わってヒルボネンがトップとなった。

 ヒルボネンは1位になったにも関わらず表情が固い。なぜならデイ2では不利な先頭走者となり、コース上のルーズグラベルに足もとをすくわれることが確実だからだ。実際、SS6ではソルドが先頭走者となることを嫌ってわざとペースを落としヒルボネンを前に出した。ソルド、そしてローブ。シトロエンのヒルボネン包囲網は完璧といえる。

 総合4位にはペター・ソルベルグ(シトロエン・クサラWRC)がつけた。ソルベルグはSS2でサスペンションのボルトが外れて足もとが定まらなくなるトラブルに見舞われた。しかし、ここ数戦悩まされている冷却系の問題が出ず、SSでは上位タイムを刻むことができたために上機嫌。「何が起こるかわからないから最後まで頑張るよ」と、2戦連続となるポディウムフィニッシュに狙いを定める。

 なお、同時開催のPWRC(プロダクションカー世界選手権)では、地元推薦枠で出場のランブロス・アサナスロス(シュコダ・ファビアS2000)がトップに。2番手にパトリック・サンデルがつけシュコダ・ファビアS2000が1-2体制を築いた。新井敏弘(スバル・インプレッサ)は4番手とやや遅れたが、まだまだ優勝のチャンスは十分にある。

Acropolis Rally: Day 1 standings/ Top 20:
1. Mikko Hirvonen BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC 1hr 27mins 11.3secs M
2. Dani Sordo Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 03.0secs M
3. Sebastien Loeb Citroen Total WRT C4 WRC +00mins 21.1secs M
4. Petter Solberg PS WRT Citroen Xsara WRC +00mins 41.8secs A8
5. Henning Solberg Stobart VK Ford Focus WRC +01mins 17.7secs MT
6. Sebastien Ogier Citroen Junior Team C4 WRC +01mins 17.8secs A8
7. Federico Villagra Munchi's Ford Focus RS WRC +02mins 04.1secs A8
8. Khalid Al-Qassimi BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +02mins 15.0secs A8
9. Conrad Rautenbach Citroen Junior Team C4 WRC +02mins 16.5secs MT
10. Mads Ostberg Adapta Subaru Impreza WRC2008 +02mins 41.0secs A8
11. Jari-Matti Latvala BP Ford Abu Dhabi Focus RS WRC +03mins 17.3secs M
12. Evgeny Novikov Citroen Junior Team C4 WRC +03mins 48.9secs MT
13. Lambros Athanassoulas Skoda Fabia S2000 +04mins 32.8secs P
14. Patrik Sandell Skoda Fabia S2000 +04mins 41.0secs P
15. Nasser Al-Attiyah Subaru Impreza N14 +04mins 45.4secs P
16. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +04mins 51.0secs P
17. Toshi Arai Subaru Impreza STi +05mins 00.8secs P
18. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX +05mins 23.5secs P
19. Bernardo Sousa FIAT Grande Punto S2000 +06mins 05.9secs P
20. Patrik Flodin Subaru Impreza N14 +06mins 09.5secs P

Overall PWRC after Day 1 / Top 10:
1. Lambros Athanassoulas Skoda Fabia S2000 1hr 31mins 44.1secs P
2. Patrik Sandell Skoda Fabia S2000 +00mins 08.2secs P
3. Nasser Al-Attiyah Subaru Impreza N14 +00mins 12.6secs P
4. Armindo Araujo Mitsubishi Lancer Evo IX +00mins 18.2secs P
5. Toshi Arai Subaru Impreza STi +00mins 28.0secs P
6. Martin Prokop Mitsubishi Lancer Evo IX +00mins 50.7secs P
7. Bernardo Sousa FIAT Grande Punto S2000 +01mins 05.9secs P
8. Patrik Flodin Subaru Impreza N14 +01mins 09.5secs P
9. Mark Tapper Mitsubishi Lancer Evo X +02mins 00.0secs N4
10. Andis Neiksans Mitsubishi Lancer Evo IX +03mins 44.1secs P

Notable retirements:
SS2. Matthew Wilson Stobart VK Ford Focus WRC Oil Pressure MT

* denotes elected/able to restart under SupeRally
M - denotes Manufacturer entry.
MT - denotes Manufacturer Team entry.
P - denotes Production Car WRC entry.
J - denotes JWRC entry

(Keisuke Koga)


ラリーフォト

ラリー一覧を見る

©TOYOTA

©TOYOTA

©VolksWagen AG

©VolksWagen AG

©Volkswagen AG

©VolksWagen AG


©Redbull

©Hyundai

©Redbull

©Redbull

©LAT

©LAT


ラリーニュース

 
 

フォトランキング

ニュース総合ランキング一覧

WRCツール・ド・コルスに幕。2010年のWRCフランス戦はアルザス地方で開催(1)

SGT公式テスト:MOTUL GT-Rが2日目午前の首位に(2)

ホンダ「来季も“サイズゼロ”のコンセプトで行く」(1)

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2015

USCCオースティン:01号車が優勝。OAKリジェは2位(2)





ページの先頭へ